こんにちわー(*・ω・)ノ







各地出回ってる時に





ぐっちぃが
用具の試打ができない状況じゃないか?








って
思ってるかもしれませんが・・・





























全然
できます!!(*・ω・)ノ














なんたって・・・




みなさんが
WRMラケットを試打をしているとき・・・



DSCF7041















いろんなラケットで打ってます笑















今日は・・・
















その打ってみたラケットの中で















スティガの・・・








































クリッパーシリーズ最新作の




クリッパーCCの
外観などを紹介します♪













じゃん♪(*・ω・)ノ



DSCF6908


WRMで
入荷してたやつは


LGENDグリップだったので
太いタイプです






すごいめっちゃ
握りやすそうな感じがします♪






クリッパーと言えば
7枚合板の顔でも

あったのですが・・・

















その独特な
赤板を挟んだ

ブレードです

DSCF6911





うお・・・






かっこいいです汗











なんか
強そうな雰囲気が出てますよねー







でも
スティガは

一度
仕様が変わって



今回の
クリッパーCCは

板厚は
7.0mmとなっています




ちょっと
厚くて

球離れが
早くなってそうですね!





これが
粘着ラバーには

どういう
効果出るのか?















そして
ブレード面の


強烈な
ニス加工ですね




DSCF6909

テカテカで
ございます笑


教室の床に
ワックスかけたような

ピカピカ具合ですねー




これが
打球感に

どのような
影響を与えるのか?





そういうのも
見てけたらと思います(*^・ェ・)ノ





さらに
クリッパーCCの新しい特徴として

カーボンパウダーを
各層の接着剤に混ぜて使用し、

クリッパーウッドの
打球感を残しつつ、

弾みを強化させた。


クリッパーシリーズの中では最も弾むラケット。


ということになってます!







自分としては




更に・・・












軽量というところも
注目かなと思います!





特に
LEGENDグリップは・・・







DSCF6912


かなり太いので
重心が

手前に
寄ってます!


なので
数値以上に

軽い感じになっています♪







では
このクリッパーCCが


粘着系ラバーに
合うのか?






7.0mmという
板厚は

粘着で
いけるのか?





検証してみたいと
思います(*・ω・)ノ

DSCF6908



続く・・・