先日
中国国内の



15歳以下の
中国選手権が開催されてまして


その決勝戦の模様が
動画で上がっていました!!


こちらです。





Xiang Peng vs Xiong Mengyang!!


未来型の
みなさんのお手本になれば嬉しいです。


15歳以下の
中国選手のトップ2ということになります。


最強中学生2人ということですね。



14歳の張本選手と
同年代クラスのトップ2人なので


張本選手と
今後当たることも多くあるライバルにもなる可能性が高い選手らだと思います。


なので
見ておくべきなのですが




彼ら2人。


①要所で化け物のようなスケールのでかい両ハンド好ラリーがある!!



中学生とは思えない

前でフォア振って、バック振って


後ろでフォア振って、バック振って



スケールの大きさなら
張本選手以上に後ろでぐいぐいと振ってくる感じがもう怖いですね(笑)




中学生らしい卓球ではない(笑)




中学生なのに
超フィジカル卓球、豪快な両ハンドを2人共通して



ごり押ししてきますね。



見てて気持ちいです。


まだ力が
ないと思われるのに


中学生でこのパワフル具合。


今は
おそらく張本選手の方が

タイミングも速く卓球が出来るので



張本選手が
勝つんじゃないかと思いますが



この2人が
シニアになったときが


非常に恐ろしいものがありますね。


特に
体格がいい優勝した子は



ファンゼントン系になりそうです(笑)


中国は
小さいころから重たいラケットで


振る卓球を教えさせるので



中学生では
ある意味日本のテンションを使った高速卓球の方が強かったりしますが


中国が
フィジカルがシニアでMAXになった瞬間



振る卓球が
大人になって大化けする!!!


世界チャンピオンクラスの誕生。


というのが
中国の卓球なんですが

まさに
その典型的な振りまくる中学生2人。


もうそのパワーがもっとついたら
恐ろしそうですね。



②二人ともYGと巻き込みの逆横は2刀流使い!!



最近流行りである


男子はYGと


女子は巻き込み



逆横の顔になってますが




最近の若い子は両方を覚えている選手が多い



逆横も
幅が広くなってきて


順横がサブ的な位置になり



逆横が多くなりつつあります。




逆横の方が


回転の変化が読みづらいというのがありますね。




時代は
どんどん変わっている感じですね。



もう
逆横回転と横回転の名称が


逆になっちゃうんではいないか!?



それくらい
今の子たちは逆横を主体にして戦う割合が徐々に増えてます。



より回転が複雑で
わからないようなサーブが


どんどん
増えてますね。



③バックハンドの台上チキータ、前陣バックドライブ、中陣バックドライブ!



このどこのゾーンも
非常に完成度の高いバックハンドを持ってます。




今の両ハンド卓球は


前で
バックが振れる選手は、後ろではそこまでだったり、、


後ろで振れる選手は、高速で前で振れなかったり、、



そういう感じの
両ハンド主戦が増えてましたが




近未来は
台上ドライブ振れて、前で高速ピッチでドライブ、下がっても盛り返しバックドライブ連打!!




彼ら2人の
バックハンド能力が中学生の次元を超えてます。




どこからでも
バックハンドで打てる。




凄い中学生たちです。


前で振る分には
張本選手が断然に速いですが、


彼らは
下がって盛り返すのがとてもうまい!!!


まるで
ヨーロッパ選手を見ているような中国中学生2人なんです!!!




時代はすごいことになってますね。



これが
中国の中学生の卓球です!!

 

中学生なのに
このレベル。


迫力が全然違いますからね。



シニアの体を持ったら
世界チャンピオン候補になりそうです。


中国最強中学生バトル。

未来の選手たちの
異次元卓球をご覧ください。


なんか
今のトップ選手よりも

若さ溢れて
動きがキレてる感じがあります。



後ろからの盛り返しも
今の世界トップ選手たちよりも

上手いかもしれません。。。


要所要所が
世界レベルの今ない部分の能力が出てる気がします。


ぜひ、
イメージを参考にしてみてください。



今後張本選手のライバルとしても
要チェックな2選手です。


みなさんの未来型のイメージお手本になれば
嬉しいです。