みなさん
こんにちは!

WRMのぐっちぃです。



今日は
みなさんに


卓球の醍醐味でもある


回転!!



この
回転を


見抜く方法


見極める方法の話をしていこうと思います。

yt_Still0330_00010



やっぱり
卓球ならではの難しさと面白さの両方を


兼ね備えたのが
この高度な回転なんです。




回転量の見極めと
回転の方向の見極め



これを
瞬時に判断して



相手のサーブを返球したり


相手のドライブの
回転量を見抜きカウンターで狙ったり



スマッシュで狙ったり





レシーブのツッツキの回転量を見破って

打ち込んだり・・・




自然とやってると
思います。




でも
なかなか

強い人や
サーブがうまい選手


回転をかけるのが上手な選手だと




回転を見極めるのが
困難になってきますよね?




そこで
卓球選手は


どこで
回転を見極めて判断しているのか?





そうすると
卓球選手は


大きく分けて
3パターンの回転の見方がトップ選手から私たちの選手まで


あることが
わかってます。






それを
知ることで




3パターンの中で
自分に最も合ったものを選んでもらうと



回転が
見えるようになってきたりします。


では




回転を見極める方法①
第1段階『インパクトの瞬間をよく見る』



これは
よく指導者とかコーチが言うことだと思います。





もっともシンプルに
回転を見抜く方法で




主に
初心者の方が

実践すると
効果が非常にあります。






初心者じゃない方は




中級者以上になると
インパクトが見えずらいサーブやドライブなどが来るので




結果的に
インパクトを見れない状況になってきちゃうんです。





なので
打球面を見て


その角度と同じ角度を
瞬時に作ればサーブは返せる!





回転を見れる方法は
主に初心者の世界で大活躍します。




これが
難しい技術を必要としない、角度ツッツキ、ぐっちぃのレシーブ動画の秘密でもあります。





なので
初心者の世界では






かなり
おすすめなのがインパクト時の角度をみて


回転の方向などを
見極めてください。





そして

回転を見極める方法②
第2段階『ボールの軌道で判断する』





これは
飛んでくるボールの軌道で



回転量や
方向をなんとなく見極めます。





上回転だったら
バウンド後に伸びるような軌道





下回転だったら
スローで飛んできて






横回転だったら
曲がるように飛んできて





切れてると
低空飛行





切れてないと
ふわーってゆらゆらした感じでくる





など
おおかまな雰囲気なんですけど




若干球質が





台にバウンドしたときに





この
上の4つぐらいの回転方向の感覚で




およその
回転量と回転の方向を



察する!!



というものなんです。





実は






中級者から上級者までの選手で





これが
一番多い回転の見極め方なんですよね。





初心者の方は
おそらくこの感覚はまったくわからないと思います。





軌道で
判断は難しいので




先ほどの
第1段階のインパクトを見て・角度を作った方が回転が見えると思います。





相手のサーブを出してもらって




軌道でなんとなく
わかってくる。





この段階まで来たら



中級者の方が大多数で
第2段階なんですよね。



一般的に
一通り技術ができ、結構勝ち上がれる方は





回転を軌道で無意識で
見抜くようになってます。





というか
レベルが中級者クラスだと







鋭いツッツキで
回転量がわかりにくい



わかりにくいサーブで

インパクトがはっきり見えないような
スイングの速さやモーションが入るので






実際
球の軌道で判断しなくてはいけない状況なんです。




インパクトの瞬間を見なくても
返せるものになります。






そして




 回転を見極める方法③
第3段階『ボールの回転を目で見て見極める!』




これは
完全上級者の感覚でして




相手のサーブの
球の回り方を




目で見て
回転の量と方向を瞬時に判断してレシーブすることです。





上級者になると、、




下回転の軌道に似たナックル


上回転の軌道に似た下回転


下回転の軌道に似た上回転など





サーブで
軌道をそっくりにさせた下回転とナックルサーブを混ぜられたり






アップダウンサーブで
軌道をそっくりにさせた上回転と下回転サーブを混ぜられたり・・・









上級者は
さらにサーブが



軌道じゃ判断できないようなサーブや



高度なチキータなどがくるんです。



サーブのいろいろな回転の軌道を上手に似せてくるんですよねー汗






そこで
軌道で見れないので





主に
ボール自体がクルクルーーーーー





って
回ってるのを



見て





例えば
黒いマークがチラチラ見えるなら
ほぼナックルボール





真っ白でボールが向かってくるなら
回転量が多い球





あとは
回転の方向などを瞬間的に判断します。





実は
ぐっちぃは





中級者の端くれなんですが




自分は

この第3段階の相手の球を
直接目で見て回転を見極めるタイプなんです。





偉関さんに




一番褒めてもらったことが




ぐっちぃの目で
回転を見抜いてレシーブを入れる感覚は





ナショナルチームぐらいあるよ。





オリンピックチャンピオンの
偉関さんのサーブに慣れてきたというのもあるのですが




振りやフォームなど関係なく
手元に来る時のボールの回り方で




瞬時に面を作って
レシーブがちゃんとできる状態だったので





偉関さんに
ぐっちぃは回転を見抜く力はナショナルチームだね。






って言っていただいたことがありました。





やっすんとかにも
ぐっちぃの得意なところどこ?って聞くと






回転を見抜く力がすごくて
レシーブをミスせず



どんなYGとかアップダウン出しても


見抜いてブチギレストップで
全部返すところって言ってました笑






さらに
このボールを直接目で見て回転を見抜くというのは








動体視力が
かなりないといけません。








卓球選手は



比較的


動体視力が



ほかの一般の人よりも






断然いい!!







ということを
知ってますでしょうか







初心者の方から上級者まで
動体視力は一般の方よりも結構上なんです。







自分も
動体視力に自信がありまして






駅で自分が待機中に





新幹線が全力で
走ってても

人が
見える笑






人が見えない方の方が多いと思いますが






ぐっちぃは

結構、人が
見えると思ってます笑








公認コーチの研修で
ナショナルチームの動体視力テストをやったときも








一応その
コーチ陣の中で1番動体視力がよかったんですよねー









4年前の世界選手権代表の方とかもいたんですが・・・汗










なので
ぐっちぃは






なぜか
目で回転を見抜いて毎回レシーブしてます。







相手のフォームとか関係ないです笑





卓球が強い選手ほど
より高速な卓球を普段からやってますので




動体視力がいい傾向にあります。



なので
中級者から上級者になってくる道を歩んでると




どんどん
高速な球でやっていくので、自然と無意識でも





目でボールを見抜く力がついてきます。






目で回転ボールや高速ボールが
追えるようになってくるということですね。






ただ
多少第3段階の目で回転を見抜くときは






第1段階のインパクト
第2段階の軌道





これを
材料にはしてます。






なので
一応、軌道とインパクトを見て

判断しながら



第3段階で最終的に
回転量を直接目で見て見抜く!


これが
盤石な回転を読める3段階をコラボさせると最強なんですよね。






ということで


回転を見極める方法


第1段階『インパクトの瞬間をよく見る』(初心者の方におすすめ)

第2段階『ボールの軌道で判断する』(中級者から上級者の方におすすめ)

第3段階『ボールの回転を目で見て見極める!』(上級者におすすめ)





という感じで
ボールの見極め方のカラクリはこちらになります^^





初心者の方は


第1段階『インパクトの瞬間をよく見る』(初心者の方におすすめ)


だけになりますので


初心者同士の対決には絶大な効果、


しかし中級者や上級者のサーブは
これだけでは取れないです。


1枚岩だけですからね。






そして


中級者になれば


第1段階『インパクトの瞬間をよく見る』(初心者の方におすすめ)

第2段階『ボールの軌道で判断する』(中級者から上級者の方におすすめ)


この2段階の検問がありますので
初心者の1段階の岩よりも2枚岩になっているので


より確実に高度なサーブも返せるということですね。





上級者になれば

第1段階『インパクトの瞬間をよく見る』(初心者の方におすすめ)

第2段階『ボールの軌道で判断する』(中級者から上級者の方におすすめ)

第3段階『ボールの回転を目で見て見極める!』(上級者におすすめ)



3回の検問がありますので
中級者の2枚岩よりも多い3枚岩・・・





これで上級者の高度なサーブも
返せるようになるということですね。






ということで
回転を見極める秘密の3つの方法を



紹介させてもらいました(*・ω・)ノ





みなさんは
どうですか?



その選手の元々の能力で
基準が多少変わってくることはあると思いますが




大体数の方が
このやり方で



回転を見極める仕組みと
レシーブ安定への道に進むと思います。 




この仕組みを知っておくと
これから何をすればいいのか?


回転のどこを見ればいいのか?




など
やることが3つあるので


方向性が定まると思います。





これは
とても大切な法則なので



部活などでも広めておくことをおすすめします。





【回転を見極める3つの必殺技】


ボールの回転ってどうやって見極めるの?

みなさんは、駅から新幹線の人が見えますか?





ということについて
話をさせてもらいました。


ありがとうございました(*・ω・)ノ
 yt_Still0330_00010