みなさん
こんにちは!


WRMのぐっちぃです!


最近
中国のペンドラ


許シン選手が
だいぶ調子を戻してきまして


かなり
強さが復活してきました。



一時期
プラの弾むタイプのものに


海外の大会が
全体的にシフトし始めてから

得意の回転量が
少し減り



許シン選手は
ちょっと調子を落としていました。


海外の選手にも
負けたりして


フォア主戦の
限界かなー><


って
ちょっと思ってました。




ぐっちぃも
フォアハンド主戦として





許シン選手に
がんばってほしいんですよね。




許シン選手が
まだまだフォアハンドでいけると思うと




私も
フォアハンド主戦として勇気づけられます。





そして
最近、、



許シン選手は



プラが弾むにようになって




しばらくしたら
大きくあるものを変えました!!






そこから魔法のように
絶好調に近いくらい力を戻してきています!!




何を変えたのか?




それが
最近のこちらの

中国の
2018年世界戦の選考会!!
 

今やってるやつですね。


あの激高レベルの
中国内の試合です。




衝撃の

方博選手との試合を
ご覧ください!




方博選手が



この許シン選手の最近変えた
多くやっている戦い方に完敗しました。。





許シン選手が復活した
フォアハンドがイキイキとする5パターンを作り上げました!



それを
わかりやすくお伝えします!




許シン選手がさらに輝く①
『サーブの構成を順横から逆回転に変えた!!』


これに
気が付きましたでしょうか??




許シン選手は

今までは
順横やナックル系のアップダウンチックな
変化系を主体にして


逆横回転をたまに入れるくらいでした。



しかし
最近のプロツアーなどで


フォアが復活したのが



順横よりも
逆横系の巻き込み系サーブの割合がすごく多くなった!!


許シン選手は
順横よりも最近巻き込みサーブをベース
にして試合を組み立てるように変わりました!!


見てても
巻き込みってアップだったり、下だったりっていうのが


順横よりも
わかりづらいんですよね。



特に
サウスポーの巻き込みって


打球が見えづらい感じになるので


インパクトを
順横よりも


見逃しやすいので
方博選手も


レシーブが
ちょっと迷って



3ゲームとも
レシーブミスをかなり多くしてます。


編集した動画であっても
多くミスしているなーというのがわかるので


やっぱり
巻き込みっていいんですよね。


中国も
男子で、巻き込みを多用し始めていますが


ここから
さらに使ってる理由を書いていきます。



『②バッククロスにボールを集めさせることに成功した!』


これが
結果的に

許シン選手のフォアハンドの振る回数を
復活させることに成功しました!!



やっぱり
フォアハンド主戦は


バッククロスに
レシーブが集まってくれた方が


回り込んで
強い回転量のある重たいフォアハンドが打てます。



フォアサイドでの
ツッツキ打ちって


そこまで
フォアの球を重くするのって難しいですよね?


それよりも
バックサイドに集まってきて

ツッツキ打ちを
バックサイドで振る方が


タメる時間が
大きくなり


フォアハンドの
威力が復活します。


それで
逆横回転サーブをを多く使い


相手が
チキータやストップやツッツキで
切ってレシーブしてますが



ミドルか
バックにレシーブが多く集まりやすいサーブをやってます。


巻き込みの
回転が見えづらいところを利用して



そして
横回転の効果で


方博選手は


バックやミドルに
多く返球してますね。

そうなると
どういうことかというと・・・



こういう結果になります!!

③『フォアに、全然レシーブがいかない!!』


というところに
注目です。



許シン選手の
フォアハンドが振れなくなったときは



サーブを
ナックルやちょっとわかりやすい順横系が多く


それを
フォアにツッツキで飛ばされたり、チキータでフォア飛ばされたりしました!!


許シン選手の負けパターンは
レシーブで早い段階でフォアに大きく突かれて


空いたバックを
狙われる!!




これだと
バックサイドにも強いレシーブ来るし、フォアサイドの球が強く打てないから


飛びつかされたとこを


カウンターされてしまってて
フォア主戦きつい。。



って感じだったんですが



許シン選手が
フォアハンドの振れる回数が激増したワケというのは




この
逆横回転サーブを主体に変えて



バッククロスに
レシーブを自動的にほとんど集めるようにした!!



それを
待って3球目フォアドライブだったり、裏面ドライブだったり、チキータ待ちしてたり・・



フォアハンド主戦が
イキイキするわけですね。


コースを限定させることに
成功しました。



実際この試合も
方博選手は

フォアにレシーブした数・・
全然ないです。





ほぼ全部バックなんです汗




それくらい
許シン選手の逆回転サーブは成功していると言えます。





④『ダメ押しで、台の中心からも逆横回転を出す!』


これで
方博選手は


フォアサイドに
送るのが怖くなりますね。



台の
真ん中から




逆横回転を出すことで
フォアサイドに安易に送ったら



状態が
いいところで



フォアハンドを
振られてしまう!!!



そういう
圧力があったんでしょうね。




なので
手堅く、バックサイドに集めガチになってしまった。


『逆回転をミドルから出したりバックサイドから出したり、相手に慣れさせない!!』



常に
ミドルから逆回転

バックサイドから
逆回転



・・・


レシーブ側・・



落ち着かねー(笑)



これも
許シン選手のサーブ戦術の一つですね。



慣れさせない作戦。





なので
フォアにレシーブを飛ばしずらい状況を作ってましたね。


これで
逆回転の影響で

自然と
バックサイドにボールが結果的に多く集まる要因になっている。


許シン選手の
フォアハンドと裏面打法の待ちの状態で


3球目攻撃を
打てる回数が結果的に増えた
!!


最近の

許シン選手は

非常に
巧みになっています。


前までは
ナックル系や縦回転が多かったのか

レシーブを
全面待ちしていたような感じでしたが


だんだん
レシーブが進化してきてて


台上ドライブの
威力でフォアサイド飛ばされると


もう
本当に厳しそうになっていた許シン選手。




フォアハンドが
やっぱり生命線で



バックハンド高速時代だから
厳しいのかなーって思いきやの



この
復活ぶりです。


フォアが
輝くサーブ戦法で


バックサイドに
ボールを限定さえて


それで
3球目を利用の重たい球で打てる!!


フォアに
飛ばされることが少なくなりました。



やっぱり
コースを限定させて回転が読みづらい横回転系は


フォアハンド主戦に
今後大きな武器になりそうですね。


右利きで
どうそれが応用できるのか?


そこが
問題でもありますが



右でも
コースを限定させるような横回転系サーブや逆横回転サーブを上手く使い


ミドルと
普通のスタンス作戦を入れることで



ミドルとバックサイドに
いい感じにボールが集めやすくなります。



なんでもフォアで動いていた許シン選手が
3球目はコース待ちしてやることで


がんがん
フォアが生きるようになってます。




フォアの生き残る道は
コースを限定させるサーブなのかもしれませんね。




昔は
ナックルや下回転でよかったけどなー(笑)



今は
台上ドライブやバック振られるから


ナックル下回転系の全面待ちも
厳しい時代背景になってきてるということですね。


フォアハンド主戦には
この試合に

フォアがいっぱい振れるようになる
ヒントがたくさん詰まってます!!


ぜひ、ご覧ください!!
ありがとうございました。