みなさんこんにちは!



WRMのぐっちぃです。





先日
東京CUPに参戦し





9連覇をすることができたのですが





その中で車椅子の部がありまして・・





車椅子で卓球をやられている方で




試合で勝つための






車椅子卓球で


やる方がラケットを驚くべき改良をしてました。





驚きますよ??





せーーーの??







じゃん!!

IMG_6388




な・・






なんじゃこりゃーーーー!!!!!!














ええええ








長い















長い(笑)










そうなんです!!




こちらの車椅子卓球の部で





一際輝くラケットがあったんです。


IMG_6359



どうみても卓球の




ラケットの常識を大きく覆している感じが






遠くからでも伝わりますね!!





IMG_6387


グリップが
通常の2倍の長さになってます!!!






すげー







ちょっと
バトミントンみたいな感じになるんですかねー汗






って
思ったんですが







あとで
これを作った理由を書きます。







とりあえず


ラケットを軽く見まわすと


IMG_6394

ラバーは
フォア面が




ブーストTSという
かなり弾みの強いスピード系テンションラバーです。





J.T.T.A.Aの
公認マークが




ブレードの隅についてるのは




昔のラケットですね。




フォア面は
よく飛ぶラバーです。


IMG_6389
グリップを見れば見るほど
すごい感じになってますね。



 

2つのグリップを
くっつけた感じで

 


グリップテープを
その間に混ぜることで





滑らかに
握れるようになっているようです。


IMG_6390



とりあえず
一直線につながってますね。






あれ?


 


グリップの
中間の白い板と

 


グリップの
根本だけ材質が茶色で変わってますね??







根本だけなぜ・・・





IMG_6392


なるほど。

 


コクタクの
ラケットのエンブレムを残したんですね。





元々
合板は




コクタクの
ラケットだそうです。




側面を見ると

IMG_6397

赤い板が2枚入ったタイプの
上板が檜のものですね。




だいぶラケットが


年月経ってる感じが伝わってきますね。



側面でこの黒ずんだ感じになるのは





10年以上は使わないとできないものです。






そしてバック面



 
何貼ってるか・・・



 
ぱ!!

IMG_6395

ギャー―長い><



 
グリップを再度見ると

 

やはり長さが
際立ってます(笑)






そしてバックは




何やら表ソフトのようで


IMG_6396

あれ?







ラージ用の表ソフトですね!






ぐにゃぐにゃで粒の小さい



ナルクロス44を
貼ってます。


 

硬式では
変化表で超飛ぶフカフカタイプへと変貌します。






バックナックル攻撃型ということですね。







フォアもバックも
かなり珍しいラバーを貼っていて、ラケットも単純に珍しいので







用具の構成も
非常に面白いものがあります。







なぜ、
このような大胆な改良に出たのか??





実は
こちらの





車椅子卓球は

IMG_6359


見ての通り
車椅子に乗っているので





基本的に
あまり足を動かすことができず






両サイドのコーナーを
突くようなコース取りやネット前にボールを送ったりすると






取ることが
非常に難しい状態なんです。



 

短く手前にロビングを上げられたら

取るのが困難ですので


 


特にシングルスの試合のときは


コースを
両サイドとネットの方にボールを散らされると






ノータッチで
相手にポイントを与えてしまう状況になりやすく







車椅子でダッシュで動いても





なかなか
間に合うのも難しいので




普通の卓球の戦い+コースを突く!





手が届かない、ネット前など遠いところに
コースを狙う世界なんです。







そこで
車椅子で卓球をされている方が





考えまして






手が届かない位置に対して







こちらの
通常の2倍のグリップの長さのラケットを作ることによって






手が届かない、ネット前など遠いところが届くようになりました!!

IMG_6395






リーチが
非常に長いラケットを作ることで






車椅子の弱点だった
両サイドのコースやネット前のコース取りに対して






そのまま
手を伸ばすだけで






届く。





というもので






車椅子のラケット操作の常識を
大きく変えるラケットになりました。








勝つために、手の届かないところが





これで
届いて返球できるようにする





非常に画期的な革命だったんです。






実際ぐっちぃも
気になって






グリップを握ってみたら・・・




IMG_6414


うわー><





フォアのリーチが
めっちゃがなくなりました(笑)







ちょっと伸ばしただけで
こんな遠くまで面が出せるんですね。




すごい。。。。



IMG_6415


1メートル先は余裕で伸びますね。









これで
バックも同じように伸びますし






ネット前も
余裕で手が伸びます。







すごい・・







まさに
車椅子卓球専用ラケット。







車椅子での悩みを解決すべく作った





アイディア力と実行力があまりの凄さに、、






尊敬しかありません。

IMG_6399



硬式で逆に
このラケット使ったらどうなるのか?(笑)





それもちょっと
気にはなりますが


 


ラケットワークが
最初は慣れなさそうですが






慣れてきたら





面白くなる可能性も多少ありますが





安定した打球が難しいかなー><





車椅子の方では

IMG_6414


このよう
手の届かないときに




足は
届かないので




瞬時に
グリップをこのように浅く持ち





伸ばして取って






基本は
普通にグリップの1本目の上の方を握るそうです。





なので
普段のラリーはいつもの握り方で





鋭いコースや
フォア前で手を伸ばすときに





瞬時に
ぱ!!!

IMG_6414

ってやれば
だいぶ届くようになりました(笑)







私たち
一般のクラスでも





シェークグリップを
ネット前でネットインされたとき、





こういう
瞬時に浅く握って





手で
伸ばす場面がありますが






まさに
そのやり方を





リーチを非常に長くできる状態にして





車椅子卓球の
手に届かない位置をカバーできるようになった。







おそらく左右よりも
ネット前のボールがラクラクに返せるのが大きいんでしょう」。









非常に画期的な1本になるのは
間違いありません。






独自の進化を遂げる
車椅子卓球のラケットでした。





私たち一般の卓球とは
また違う方向に用具の進化や改良が向いているようですね!




この長さには
衝撃で




試合で見ててなんか柄が
長いぞ!!!




ってすぐわかりました(笑)


IMG_6388


こだわりの手作り・視点が素晴らしい
力作です。




世の中には
いろんなこだわりのラケットがたくさんありますね。



ありがとうございました!