みなさん
こんにちは!


WRMのぐっちぃです!


今日は

みなさんに


用具の
ブレードの大きさが


プレーやラケットの性能に与える影響について



書いていこうと

思います!




image 
みなさんは
ラケットを選ぶとき、、





ブレードの大きさというのは





あまり注目されない位置ではあるんですが





実際ラバーの貼った時の
重量や重心を考えると




ブレードの大きさで
総重量や重心の位置の




影響度が
非常に高いのが




ブレードの大きさになります。





世の中の卓球ラケットには



いろんなブレードの大きさがあります。





小さいコンパクトブレード!


呼ばれるものから





大きめのブレード!





標準ブレード!




ざっくりと
この3タイプが


あることが
わかっています。




今日は
この3つのブレードの効果などを

知ってもらうと




より
自分のイメージした総重量




自分のイメージした
重心




ラケット性能などを
発揮できるものだと思います。







では
そもそも




この
ブレードは3つのサイズがあるということですが





どれが大きくて?どれが小さいの?




まず
数値の基準がないと


判断しづらいので




一般的な
シェークのブレードサイズといわれるものは



じゃん!!





一般的なブレードサイズは
157×150mm!(多少前後あり)
but-36861-


バタフライさんのラケットや一般的な多くのラケットが
この数値に近いサイズです!






大きめなブレードサイズは
160×153mm!(多少前後あり)
image 
4d6fdef518d41e0d5662617373d8d4281


和の極 蒼だったり、キョウヒョウ王やキョウヒョウ王2など・・





小さめなブレードサイズは
152×150mm!(多少前後あり)
xwrm-wrm-010



王道03,04,やバイオリン系などが
コンパクトなブレードになっていることで有名です。






カットマンは
でかいブレードが主体で




その中で
コンパクトブレードのカットラケットがあったり





しっかり大きな守備用カットラケットがあったり


2タイプあるのですが


それは
また詳しく書けたらと思います。







攻撃シェークブレードは
大きく3タイプのものがあることがこれでわかります。






販売されているラケットは
この3つのどれかになりますので


自分の中で
コンパクト、でかめ、普通


自分のラケットの大きさを
知っておくことが大切です。





まずは



①大きめなブレードサイズは
160×153mm!(多少前後あり)
image 
4d6fdef518d41e0d5662617373d8d4281
和の極 蒼だったり
キョウヒョウ王系のラケットが


大きなブレードで
有名ですが



大きいブレードのメリット

1.スィートスポットが広いからどこにあたっても均一な弾みで入りやすい!
2.先端に重心が移動する(グラムの数字以上に重い)
3.スイングに遠心力がかかりやすい
4.パワーのある選手が使うと超パワーが出る
5.振れる人が使うと、超スピンと超パワーのトータル値がMAXボールが出る
6.相手の球威に押されにくい


大きいブレードのデメリット
1.先端に重心がいくので重く感じやすい
2.ラバーも大きくなるので、総重量が上がる
3.力がない選手が使うと、遠心力が使えず威力が出づらい。

中国の選手がいい例ですよね!


中国選手が好むブレードの大きさなんです。




遠心力を使える
パワーのある選手が


①大きめなブレードサイズは
160×153mm!(多少前後あり)を選ぶことが多く

中国選手や中上級者の振れる選手が
この大きめブレードで粘着ラバーを貼り

ぶんぶん振って
強烈なパワーを発揮させてます!



私たち一般クラスで
テンションユーザーや粘着ユーザーどちらもで



中上級者が
使うことが多いです。




スイングができる方が使うと
鬼に金棒になるので



和の極 蒼や
紅双喜のラケットの多くが



一度使ったら変えられないくらいの
パワフルな威力が魅力です。

なので
キョウヒョウ王系のラケットは一度虜になると


ずっと
使う方が多いのは


多少振ったときに


この
パワフルな超回転ドライブが出やすいというのが


大きなポイントです。



相手の強い球にも
面が大きくて食らいにくい!!


というのも
嬉しいので


地味に
中上級者の世界で人気なブレードサイズになります。






病みつきになる威力と
相手の球威にも食らわない感じなんです。







そして

②小さめなブレードサイズは
152×150mm!(多少前後あり)
nt-nc0431-

xwrm-wrm-010





コンパクトブレードのメリット
1.スィートスポットが限定され、ヨワタッチで速い球を出せる
2.重心が手前寄りになる(グラムの数字以上に軽い)
3.ラバーを貼った状態の総重量が軽い
4.振り抜きがいいので連打しやすい
5.とっさの時にブロックの手が出る
6.ラケットワークが早くなるので、切り替えしが速い!



コンパクトブレードのデメリット
1.スポットが狭いので、ちょっとでも外れると弾まない。
2.面が小さいので相手の強い球威に押されやすい
3.手前に重心があるのと、重量が軽いので、振ってもパワーが出づらい。
4.遠心力が出しずらい



という感じで
コンパクトブレードが人気なのは



主に初中級者の世界で




安定重視で連打型




入れることや
ラケットの両ハンドの切り替えしで




効果を発揮します!



スポットがいい感じに
集約されてて




インパクトが
そこまでない状態で




軽い力で
飛ばせるようになってます。






なので
繋いでいるだけじゃ勝てない






上級者クラスになると
パワーが必要になるので




そういうパワーの時
若干物足りない感じがあります。




逆にスマッシュしてしまえばいいのかもしれません。





ドライブのパワーのMAX値が
やや低いので




スイングスピードがある選手が使うと



あまり威力が出ないので




ちょっとあれ?




ってすっぽ抜けた感覚になることがあります。





女性や男性で安定重視で
連打系



力がなくても
いいドライブを打ちたい方にはコンパクトがおすすめですね。



一般の私たちクラスでは
特に需要が高いです。




上級者では
少数派になりますね。




強打なども
面が小さく軽いのでちょっと食らいやすいので




上級者の球は
やや押されやすいですので上級者では少なめな印象です。




ただ軽いので



いろんなラバーと
組み合わせで調整しやすいので




バイオリンなど




一般クラスで結構人気な
コンパクトブレードです!!







最後に


③一般的なブレードサイズは
157×150mm!(多少前後あり)
but-36861-



中間ブレードのメリット

1.スィートスポットが適度に広い
2.重心が適度
3.ブレードが適度な大きさなので、総重量が中間で、重めがいい軽めがいいと重量調節しやすい
4.パワーと操作性の中間!
5.バランスが整ってて平均的で多くの選手に合う
6.スイングスピードが遅くても、早くてもどちらもでも幅広く対応する



中間ブレードのデメリット
1.大きな特徴がない
2.とがった性能がない
3.武器が欲しい方にはノーマル過ぎる
4.長所を伸ばしたいときに伸ばしきれない



なんか
中間ブレードは、標準で中間の位置なので


逆に書くことがないですね笑






これは
ちょうど


大きいブレードと小さいブレードの
ちょうど中間的な性質なので




ある意味
一番バランスがいいのかもしれません。


なので
標準ブレードが


最も
世界中の一般選手やトップ選手にも使われているんですよね。



力のある選手
力のない選手も


バランスよく
適合してくれる



重量が重たいのがいい
軽いのがいい


そういうのも
ある程度調整が利く!!



というので
中間ブレードはバランスなんです。


ただ
自分の武器を伸ばしたい


スイングスピードが上がってきたのが
確実に分かったら



自分は大きい方
がいい!!

そして
もう一つ


スイングスピードがなくても
いい球を出したい場合はコンパクトブレードがいい!!



という
願望がはっきりと出てる選手は



ブレードの大きさを考慮した方が


自分の能力値を最大限に
発揮できるものになります。


わからなければ
無難な中間ブレードでいいですね笑


ただ
自分の長所や短所やスイングの具合が

明確にわかって


こうしたい!!



っていうのがあれば


ブレードの大きさを変えることで



中間ブレード以上に


自分の能力を
最大限に発揮されるでしょう!



なので
ブレードサイズで


ラケット性能が変わるのは


本当なんです!!



大きいブレードの方が
スイングスピードが速い(力があるので超回転パワーを)
image 

標準が
スイングスピードが適度(力が適度で高いバランス)
but-36861-



コンパクトブレードが
スイングスピードが遅め(力がなくて飛ぶ)
nt-nc0431-



という感じで
だいぶ、わかりやすく



ブレードの大きさの
住み分けと




効果を
書かせてもらいました!




ブレードの合板構成が一番の中ですが



合板構成で希望なところを探したところで


最後に
ブレードの大きさで注目してもらえるようにすると




自分の能力を
最大限に発揮できる、いや。。。もっと限界値を突破できるかもしれません笑




ぜひ
ブレードの大きさの効用も知っておくと




確実な
いい用具選びができると思います。


少しでも
参考になれば嬉しいです^^



image