みなさんこんにちは。


WRMのぐっちぃです。


先日開催していた
ヨーロッパトップ12の決勝戦の模様を紹介します。






最近世界では
ドイツ勢の2人が決勝戦を対決しまくる!!


という驚きの構図になってますが、

このヨーロッパトップ12で
決勝戦まで勝ち上がってきた選手たちは・・・



オフチャロフ選手とボル選手です!!


ドイツ対決!


本当にこの2人は
最近すごい安定してて強いですね。


しかも
今回優勝したのが








ボル選手で4-0。




本当におめでとうございます。


 36歳という大ベテランで、
ヨーロッパで優勝しました。


凄すぎますね。


最近ボル選手は
決勝でオフチャロフ選手に敗れてましたが、



今回は完勝???



どういうことだ??



ってことですが、



ボル選手のプレーの研究をしたら
面白いことがわかってきました。



今回のボル選手のプレー。


ネットインの運も結構大きなところでしたが、


ベテランでも成長する能力!
『①スーパーブロックの数々。』


これが勝負所面白いように入ります。

オフチャロフ選手のスーパーショットを



軸をブレてでも、
ちゃんと相手コートに反応して返す!!



脅威の反応になってます。


やっぱりベテランになっても
強さを発揮する卓球というのは、


高速卓球で
追いつくのは大変なので、



いいブロックで何本も返せる能力が
必要ということがよくわかりますね。


すごい速い球、
威力のある球を持つ選手と戦っても、


素晴らしいブロックが備わっていれば、
ベテランでも若者に勝てるということ、



チャンスがあるということですね。


ボル選手はドライブ連打は健在してて、


どんどん能力値として高くなっているのが、
ブロック力ですね。


 高速卓球を鍛えるのは
ベテランになってくると、


徐々にキレが落ちていくので、
そこで勝負するのは、きつくなってきますが、



ブロックはさほど、
年齢関係なしで、経験が豊富になってくるから、


相手のコースが予測できるようになってきます。


なので、


ブロック自体が
攻撃系技術ほどのフィジガルが



そこまでいらないので、


ベテランでも成長しやすくて、
ブロック力守備力がどんどん高くなっていくのが卓球の構図です。



ボル選手もあっぱれなブロック力。


ドライブ連打が
永遠と返ってくるイメージのボル選手が、ブロックも固い選手。



というイメージが
今回かなりつきましたね。



攻撃力だけでなく、
守備力が強化されて今回の優勝につながったと思います。



ナイスブロックの数々でした。


ベテランでも成長するハメ卓球
『②深いツッツキからのカウンター攻撃!』



今回、
ボル選手はチキータで攻める数を少し減らしたのかなー??




って感じがありました。


たぶん、


バックが激強なオフチャロフ選手に


バック対決を
挑むのをやめた感じですね。

 

同士討ちで慣れてますし、
ボル選手の超回転チキータは他国の選手にはすごい効いてますが、


オフチャロフ選手は
それを待っていつも狙ってますからね。。


なのでシンプルに
レシーブを切って長く送るツッツキを主体で


それをオフチャロフ選手が
持ち上げたところを待ってカウンター!!



これがよく決まってましたね。


やっぱり全面性の高い戦い
パワフルな選手にいつもやられているなら、



こういうハメ卓球式の展開を
徹底させるのも勝ちを持ってくるポイントだと思います。


レベルは違いますが
ぐっちぃも同じような戦い方で

ツッツキを深く切ってからカウンター待ち!!


これをボル選手も
今回同じようにやってましたね。



普通に
全面ドライブ対決でやられてたので



このように待ちを使った、
ハメ卓球をボル選手はやってました。



この作戦がうまく生き、
しっかり待ちの展開になってたので、


それで点数が取れて、
リードでき、全体ラリー対決もだいぶ優勢になれて、



全面のラリー&ハメ卓球が
お互いがwin winになったと感じています。


ベテランでも成長する卓球
『③ツッツキの打ちのループが遅い。時間作り。』


やっぱり
ボル選手わざと遅くドライブしてます笑 


3球目のツッツキ打ちだったり、
ラリーのループドライブだったり・・



遅いとき、ほんとに遅いです。


これを自分も見習いたいですね。


超回転ドライブを
ラリーの中に混ぜてます。


早く持ってくと
オフチャロフ選手の高速バトルに入っちゃうので、

 遅く回転重視で連打して、
ボールを利用できないようにしてますね。


力や若さで
全面性が高い高速卓球をする選手に対しては、


このような超回転ドライブで
遅いドライブが非常に効果的です。


この遅いドライブで
時間を稼いで今度はスピードドライブ!


というので
ボル選手は緩急と回転量で時間を作ってラリーをもっててましたね。


ボル選手が最近ずっと決勝で
敗れていたオフチャロフ選手に対して、

普通にやったら
もう高速パワー卓球と速さで持ってかれるので、


今回こちらの
3つの機能・作戦が非常にうまくいったな。


という印象です。


みなさんも、

普段勝てない相手、
高速卓球の速さでいつもやられてる方は、




ぜひ、このボル選手の戦い方、、


本当に素晴らしいので、参考にしてみてください。




私もこのブロック力の読みと待ちを
もっと精度高めたいと感じた決勝戦でした。




ベテランになっても
なお世界トップで勝ち続けるボル選手の衝撃の優勝でした。





若手にはこう戦え。


高速卓球にはこう戦え。


そういうのを伝えてくれますね。




 ぜひ、こちらの決勝戦で
ボル選手の戦い方に注目してみてください。



まだまだベテランでも
若手に勝つ能力を


卓球は鍛えることが
できるということですね。



ありがとうございました。