卓球をやっているときに

いろんな人と試合したりすると

あの人のドライブは
重たいんだよねー


話を聞くことが結構あるんですが


この
卓球のボールが重たい?


もともと
ボールは2.7グラムですが

プレー中は
それ以上の重さを感じてドライブを受けることがありますよね!


特に
中国選手は

ボールが
重たいことで有名なんです。。

10294437_300773810077438_545803774322848824_n

動画上や
実際目の前で見ても

なかなか
重たいボールって

確認することができないので


これは
対決した人にしか

わからない感覚なんです


今日は
この

ドライブが重たい

と言われる

この
たった2.7グラムのボールが


ずしーって
重くなる秘密について解明していこうと思います。
DSCF1227





よくドライブが
ボールが重たいって言うけどどういうこと?



ボールが重たいことって言うこと


実は
秘密は3つあることがわかってます。






まず1つ目



これは
ご存知の方も多いと思いますが


①回転量が多いほど重たい!



一般的には
回転量が多いほど重たいと言われてます。



ドライブの
回転が強くかかってる球ほど

自分のラケットで
受けた時の

ずし!!

ってくるこの重み!ありますよね?


あの回転量に
押されないように


必死に
ラケットを被せたり、抑えようとしたりします。


つまり
回転量が強くて押されそうになるくらいのドライブは

かなりの
重たい球になっているということですね。


あとは
この回転量にもいろいろとありまして


スピードが
ある状態で回転が強い球で重たい場合もあれば



スピードが
ほとんどない状態で回転が強い球でも重たい球が存在するんです。


①スピードとスピンの高い両立した重いパワードライブと
②おっそい回転重視のスーパーループドライブ

どちらも
ラケットが弾かれるような重たい球質のドライブを打ってくる方がいます。


実際
体感的にこの2つがあるんですよね




なので

ドライブにスピードがあるから
重たいーとか一概にそういうわけではないようです。



ドライブにはスピードがなくても
重たい球がたくさん存在します。

個人的には
スピードはほとんど関係なくて

スピンの絶対値が
多いほどとにかく重たい球になってきている感じです。



スピードって実は
ある程度の早さがあると逆に取りやすかったりするので

重たい球を出すには
スピードよりも回転をとにかく強くすれば相手が苦しむ重たいボールへと変貌してくれます。


そしてボールが重くなる2つ目です!

実は・・


②ドライブの入射角も大きな影響を受けてるんです


同じ回転量でも下から上に向かって
ドライブを振ると軽く感じ

上から平行スイングで相手に突き刺さる感じのドライブを振ると
同じ回転でも重たくなります
 



これは
自分のコートからこうやって振ると軽いです
yt_Still0422_00014




重たくするには
yt_Still0422_00010

同じ回転量でしたら
下の突き刺さってくるタイプの弾道の方が

相手のラケットへのダメージは大きいと言えます。


普通に
上から突き刺さるドライブってブロックするとき怖いですもんね笑

ブロック時に
青い弧線でくるよりも、赤い弧線のドライブで来られる方が難しいですよね。

なので
これが同じ回転量でも重たさの違いを出してる秘密なんです。


中国の選手が球が重たいと言われるのは
回転量が多いだけでなく


上から斜めに突き刺さるような
ドライブ打法で

ラバーの擦った時のボールの上がり方を
上手く利用したドライブの重たい打ち方をしているんです。

ただ
中国選手は前にいるときはこの上から突き刺し系なんですが


打点が落ちたときは
下から振り上げるように振って重たい球を出してます。


なので
あの下から上に振り上げるスイングの重たい要因の方は



まだ未解決です。



中国選手が下がったり、


打点を落とした時の


台の下からでも


下から上に振り上げて
強いスピンをかけて


非常に強い攻撃力が
あると言えますね。



しかしながら
高い打点で前陣で中国選手が連打するときは

上から突き刺すような軌道を描くので
この図のように重たくなることがわかってます。


少しずつ解明されてきました。



そして
③深い球が重たい球になりやすい

同じ回転量
同じドライブの角度

でしたら

ボールが深く入るほど相手に重さを感じやすいんです。


これは先ほどの
②の入射角がかなり効果を出してまして


上から球が入りこむようなスイングの方が


相手コートに入った時の
深さが一段と違うんです笑

下から上だと
深くなることもありますが浅くなってしまうことも多いです↓
yt_Still0422_00014



上から叩くようなスイングは
いつも深めに入りやすい!
yt_Still0422_00010

2枚の弾道を比べると

yt_Still0422_00013



上から差し込んでいる方
が深く入っていると思います。


ということで


中国選手のドライブが前陣で重たい理由を書いてみました。

①回転量が強い!
②上から斜めに突き刺さるようなドライブ打法
③ボールが深い!


この3つが
重たいボールが出る結論になります。


なので


球が軽い人というのはスピードはあるんだけど

回転が少なくて

低い位置から相手コートに少ない回転で持ち上げている方が


相手に
簡単に返球されてしまう軽いドライブなっている恐れがあります。




よかったら
重いドライブを打つためにも参考にしてみてください^^


粘着ラバー自体がテンションラバーよりも
重たいドライブが打ちやすくなってます。





やっぱり
中国選手の重い球を前陣で出すには

平行スイングの打点が理想なんで、

この高い打点で面を被せて、突き刺さるように打てるドライブをもっとやるべきなんです。




これはぐっちぃがもっと重たい球を出すためには
このようなスイングスピード面・打法の改善がプレーに必要です。




ということで




中国選手の前陣での平行打法は
重たい球を出すために、理に適ってたんですよね。



なぜ中国の選手のボールは特別重たいのかというのは
このような3つの能力が大きく抜けていたから!


そして
この3つをやりやすい

上にあがる粘着ラバーを使っていたから




ずっしりとした強烈パワーボールを出してたんです!


粘着ユーザーのドライブは
しっかり振れたときや深く入った時ボールが重たいですよね


中国選手の前陣でもドライブが重くなる理由

①回転量が強い!
②前陣限定で上から突き刺さってくるタイプの弾道!(中陣の下から振る打法の重たい謎は未解決)
③ボールが深い!
 

この3点とも
すべて弧線を描く回転重視の粘着ラバーで

さらに
威力・ドライブの重さを倍増させてたんです。


馬龍選手や樊振東選手や張継科選手は
もう前陣で平行スイングの嵐ですよね(笑)

ちょうど上の3点が
全て備わってます(((( ;゚д゚)))


実際試合や練習をしたことがある

偉関晴光さんも前陣で平行スイングの嵐で
凄まじいボールの重みでした・・・




よかったら
参考にしてみてください(*・ω・)ノ




2.7グラムしかないはずのボールなんですが、
ドライブが重いと言われる重さの秘密について書いてみました。


みなさんも
ドライブの威力を出す、重たいドライブを振るために


ある程度、かける感覚を覚え、ドライブを連打できるレベルを超えれば
前陣で平行スイングで重たいドライブの習得に挑戦してみてください!

私も重たいドライブが振れるようにがんばります!


前陣の重みは
だいぶわかってきましたが


中陣の下から上スイングの重みは
まだ謎に包まれているので、わかり次第紹介します(*・ω・)ノ
image