みなさん
こんにちは!


WRMのぐっちぃです。



今日は
みなさんに


ぐっちぃが
高校時代に言われていたことを


書きたいと
思います。



今回筋力トレーニングではなくて



よく体育などでやる
ストレッチや準備体操などは


みなさん
どのくらいやってますか?

yt_Still0329_00025



全然やってない




という方から





少しやってる





しっかりやってる






という
いろいろな意見が出てくると思います。






そこで
卓球の強豪校では


とある
一定の話があることをみなさんに紹介します。




それは・・


『卓球が強いところほど、ストレッチや準備体操時間が
長い!』




という
噂があるのですが





実際
これは









本当です!!




日本中
各地回れば回るほど


練習する前の
ストレッチや準備体操の時間を


長くとっている学校やクラブチームほど








卓球が強いところの傾向が
非常に多いことがわかってます。





さて
どのくらい長いかというと



『第1段階』

ぐっちぃの
ヘボい中学時代は


練習前のストレッチ・準備体操は
5分笑



一応
形があったことに驚きです笑



そして
『第2段階』


高校時代は

愛知みずほ大学瑞穂高校

インターハイ出てる
愛知1位の学校だったので


ストレッチの時間だけで20分ありましたね。



がっつりストレッチやってましたわー


あと
ブラジル体操とかも

その中に入ってます。





そして


『第3段階』

社会人になって5分くらいしかストレッチしなくなりました汗



やっぱり
社会人になると


高校時代の20分ストレッチをやってもいいのですが




練習時間が
もったいないんですよねー汗



ストレッチ5分で
練習時間15分これで余分に確保した方が


限られた中で
卓球をしてるので



15分ストレッチ時間よりも
15分の打球を選びました。



みなさんも
そういう経験ありますよね?



本当は
ちゃんとストレッチしないとだめだけど・・・



ちゃんと
やってたら



練習が
ほとんどできなくなった



そういう
部活やクラブチームが多いのも事実です。




強豪校は
練習時間も豊富で


他校よりも
かなり多く、環境も良い


なので
ストレッチの時間をたくさんとっても



まだまだ
練習時間を豊富に取れる余裕っぷりが


今は
うらやましく感じます。


高校の時は
めっちゃ練習できたので


ストレッチ時間を20分取っても
平日学校が終わって3時間から4時間練習できました。



そして
自分がいろんなところにいって

『第4段階』
ナショナルチーム系の選手たち、もしくはそこに近づくような選手たちは



40分ぐらい
ストレッチだけで取ってます汗



すごいですよね。


たまに
味の素ナショナルチームのトレーニングセンターに

練習を
見学に行くことがあるのですが



そのとき


台で打つまでの
ストレッチがまず長い笑



いつ打つんだろうって


ずーーって
ストレッチやいろんな運動やらやって


なかなか
台で打ち始めるまでに


時間を費やしてました笑

 
さすがプロだな・・。


って
思いますね。



やはり
卓球が強ければ強い人


練習前や練習後の
ストレッチや準備体操がどれだけ重要でしっかり時間を取るところが

強い。


という
傾向があるのは

間違いないです。




ただ
私たち一般の選手は




先ほども書いた通り




練習時間が限られた中で
いかにストレッチをするのか?




というものになりますので、


卓球台が取れる時間の
直前に先にストレッチだけしておく!


など
事前に

ストレッチや体を
ほぐすような形で


練習や部活前で
いかに工夫できるか?


これをやる余地は
あると思います。



でも


意外と


気が付かないうちに


練習前の
待機中に

ストレッチをやっている方がいたり

自分も
腕伸ばしたりしたり

無意識にやったりすることがあります。





それが
実は時間節約の大切なことだったりします。



ぜひ、
私たち一般の選手は


待機中に
どれだけストレッチや準備体操ができるのか?




それを
やることで



打てる時間が限られた例えば2時間!!




という
借りている時間なら



その前の
時間でストレッチをやっておけば


体もよくなるし
卓球の打つ時間も必然的に増え


結果的に
卓球が強くなります。



もしくは

ストレッチほとんどやらずに


卓球を2時間フルにやっている場合もあると思います!



その方は
ストレッチを事前にやっておけば

ケガや傷めたりすることが少なくなり


ストレッチをすることで
体の柔軟性が増え


スイートスポットが広がる卓球選手になりますね。


基本的に
いろんな高校の時してたブラジル体操だったり、ストレッチなどは


①いろんな体の効率よく動かす力
②卓球の打球のスポットが広がるような体の操作性が非常にうまくなります


なので
トップ選手ほど

この2つの
利点が強いですよね?





もうトップは
練習量は豊富なもの同士で対決しているので




このストレッチや体操などの
効果の2つが




勝負を分けてくると
言う感じなんです。




なので
ケガだけでなく


プロとして
競技性を高める重要な位置になっているストレッチと体操だったんです。



ということで
今自分たちにも

今すぐできる
卓球が強くなる方法が


少し
開けたと思います。



ストレッチ・体操・・・


軽視しがちなものですが


うまく利用できる方法は
私たち一般の選手でもあります!!



何分やればいい!という正解みたいなものではなくて



できる限り多くやってもらった方が
体や卓球に効果があるということですね。(体操をやりすぎ注意。度を超すと傷めたりします。)




今日のテーマは



卓球が強いチームほど、ストレッチや準備体操に長い時間を取るのは本当か?



ということで
このうわさは本当だったんです!!



ぜひ、やってみてください。


何か参考になればうれしいです。

ありがとうございました。