ジャパンオープン2017 で



新しい
日本選手の光となる


大きな
試合がありました。





大会1の試合がこちらになります!!






中国の方博選手と
吉村弘和選手の大バトル!!



いやー
これ


吉村選手勝てましたねー><

方博選手に対して




3-0までリードしてます。




真晴選手と一緒にご飯に行って


弟さんの和弘選手のことを


言ってたのですが


弟の方がバックがうまいっすよ!



ということ。



実際この




方博選手に対して

バックハンド連打で

ぶち抜いてました。



日本選手の右でここまで


バックハンドが前でも後ろでも



破壊力のあるボールを連打できる選手って


今までなかったですよね?





それでいて
安定感もある。




フォアのボールの威力も別格


バックのボールの威力も別格




日本選手の中でも






高速ぶりで卓球が





日本選手の
高速卓球に





ヨーロッパの威力が混ざったかのような
破壊力です。





この
ジャパンオープンで




方博選手との対決の前日に




吉村選手の

お父さんと一緒に
試合応援していたのですが





弘和選手のボールの威力が




超一級品なんですよね。。





球の質が

日本選手でも
一つ抜けた威力



大島選手みたいな
がっちり系ドライブとは


また違う
スマート系ドライブなのに




すさまじい球を出していたので




こんなすごい球質出せる
選手が

日本にいるんだ。。




というのが
衝撃を感じながら




翌日の
方博選手戦!!





強烈な両ハンドで
中国を追い詰める。




というところまで来てました。





やっぱり
和弘選手のボールは中国にも通用する球だった。。




その球を目の前で
見れてよかったです。




吉村選手のお父さんにも会い
















そして
いろんな話を聞いているうちに・・





吉村和弘選手と
吉村真晴選手の2人とも


日本選手の代表の中でも


一際強い球を出せる
兄弟なんです。




なぜ、


この兄弟は


ボールの威力を出せるのか?




しかも
小さい振りで。。





大島選手のような
がっちり打ち込むフォアドライブが


威力が出るのは


わかるのですが


吉村兄弟そろって
スマート系両ハンドが


鬼速。。


これは・・



話を聞いていると




この2人は卓球選手の中でも
特に、リストが強い!!




ということを
耳にしました。



リストとは・・


バックハンドで
主に使う前腕部分と手首のところを


リストといいますね。

yt_Still0619_00000

よく
テニスで


トップ選手は


リストを使って
バックハンドを打つ!!


というのを
聞いたことがあると思うのですが



実は
吉村兄弟も


この
ほかの代表選手よりも

リストが強いので


テニスにような
バックハンド感覚に近いものを持ってて



すごい簡単に
リストを使って破壊力のあるボールを出している。


という
秘密を知ることができました。




リストを使って
バックハンドを人一倍強く打てる、


特に後ろ下がったときにリストが強いから

遠くに運べる。




その力強い
リストを使って


そのまま
ドライブをかけるので


強烈な球が
ドライブのスマートスイングの割に

リストが
パワフルなので


相当な破壊力ボールが出てる!


ということなんです。



リストの中には
前腕の強さ、手首の強さが入ってくるので


吉村兄弟は
その卓球に必要な手首の強さや前腕の強さが


人一倍トップ選手の中でも
強いから



テイクバックを取らなくても

リストの強さで
全部破壊力のあるボールに変換できてしまう!!
yt_Still0619_00001


というものです。

これは


海外の選手にも
同じ傾向があります。



ヨーロッパ選手の
ボールの威力もリストの強さからきているものがあります。


ヨーロッパ選手って


尋常じゃないくらい
バックハンドの手首の返しが、非常に強いですよね汗




あれで
強烈なパワーを生んでいるのですが



吉村選手も
両親が日本とフィリピンの


ハーフということもあると思います。



やはり
日本人体系から

ちょっと
外国のパワー系のものが入っているのだと思います。


ということで
吉村兄弟は


日本のトップ選手の中で
リストの強さが際立ち


その
リストを使った両ハンド攻撃で


スムーズかつ
破壊力ボールが打てる矛盾を



解決する糸口になります。

IMG_2875


























吉村選手のお父さんです。

吉村ジュニアクラブさんの子供たちがいつもぐっちぃの主催大会に出場してくれてます。











普段




リストを使って打てー





っていう
卓球選手いないですよね?





テニスで
ちょうどいいリストなので


卓球でも

リストを
うまく使って


小さくドライブをかけるだけで




卓球だと十分すぎる破壊力ボールに変換できるようです。




すごいエネルギーのパワーがあるんですよね。





リストを
強くするには


天性のものだったりするという話も多く



もともと
持って生まれた強さのところで




そこに
練習によって


スイングスピードが
磨かれ


強烈になっていく。




という感じなんです。





なので
リストの強さは


鍛えられるものでもありますが






もともと能力値として最初からあるものだったりするんです。







なので体格が似る
ほぼ同じ遺伝子の


吉村兄弟が2人ともに


軽いスイング、スマートスイングで


強烈両ハンドを
兄弟揃って覚えているのは




もともと生まれ持ってきた
リストの強さ!!





これが
卓球の味方に。






中国選手も
びっくりの



テニスのような
スケールの大きいボールの飛ばし方を卓球でできる




彼ら兄弟の武器と言えそうです。






みなさんも基本打法を覚えて、中級者以上が最低ラインで


リストを強くすることができれば





強烈なバックハンドやフォアハンドが
スムーズなフォームから繰り出せるようになります。


yt_Still0619_00001


ただ
リストを強くする方法がなかなか難しいのですが



手首を強くする方法は
動画でもやってるので多少強くすることができますね。


こちらの方法が手首を鍛えられます。(手首は繊細で難しいっものなので、動画にも書いてますが、やりすぎは注意なので動画の規定量を守って適度にやってください。)




中国選手も
実際このバックでリストが強いのがファンゼントン選手が強いと感じてます。





吉村兄弟のボールの爆発力の秘密は



いろんな方の話を聞いて



トップ選手内でも




人一倍の
リストの強さを感じます。




そこが兄弟揃って持った能力




ボールの爆発力の秘密です。

yt_Still0619_00000


ぜひ、この
方博選手との対決で




リストの強さを生かした
高速パワー両ハンドをご覧ください。




日本選手では
今までにないスタイルです!!


ちょっと
テニスをやっているかのようなすケースの試合です!

これが
リストの強い人の傾向でもありますね。


ぜひ注目してみて
みなさんも体を壊さない中級者クラス以上で、


体でバックドライブを打てることが大前提の中で


いいバックハンドを振ってみてください。