みなさんこんにちは!


WRMのぐっちぃです。

(トップ画面に用に貼ってあるだけの動画です↑今日の内容には関係ない動画になります)




今日はジャパンオープン準決勝の試合を
紹介します!


カードは
日本の水谷選手と中国の樊振東選手です!!






やはり
樊振東選手のパワーが



圧倒的過ぎなのがよくわかる
試合になってます。


あの
水谷選手が




パワフルなボールの威力と
タイミングの速さに



ずっと
押されてます。


この試合の
樊振東選手がゲームカウント3-0とリードするところまでは


水谷選手も
前につこうと必死に両ハンドで食らいつきますが



やっぱり
樊振東選手の球威は


馬龍選手と
また違う質でタイミングも速く


返すのでも必死。


どんなけすごい球なんだよ!!


って
思いますね。


あの
水谷選手が


1ゲーム目

2本のサーブミスをしました。


珍しくて


何をしてるんだ!!


って
思ってしまうかもしれませんが


樊振東選手の
どこからでも高速強烈ボールが打てる強さ!!


台上でも
長い球も

両ハンドで
全部破壊力満点なので



怖さがあるので


きっちり
ピンポイントで狙ったところにサーブを出さないと


樊振東選手に対しては
終わってしまう。。


そんな
鋭いピンポイントを狙うがために


サーブミスをしたのだと思います。


樊振東選手が
いかにすごいか・・



水谷選手を
サーブミス2本させるほどの


間接的な
圧力がとてもかかってますね。



水谷選手が
前陣で食らいついていくも


残念ながら
0-3になったとき







ここから
水谷選手の素晴らしい作戦がスタートしました!!


これによって


実は
この準決勝


ひっくり返せそうな
流れが出てきてたんです!!



0-3で
もう負けでしょ!!


って思うところで
実はこの作戦を取ると



大逆転できる流れが
生まれるんです。



その名を




捨て身のドライブ作戦!




今日は
みなさんに

これを
ぜひ、覚えていただきたいと思い紹介します


0-3状態で

絶体絶命のところから


水谷選手が変わったこと!



もう
負けてもともとだということで



力が抜けて
捨て身で、ノンプレッシャーで



開き直って
超ライジングで両ハンドドライブで振り出し始めました!


今までも
前につめてましたが


ミスしないように
回転かけて攻めてたのですが


もう
負けてもともとだから、

ミスを恐れず
前陣で樊振東選手の高速両ハンドをさらに上回る!!!


水谷選手の
スイングスピードが



試合の最後の0-3になって


一番速くなったと思います!!

体のキレも最後
0-3から1-3で取り返したあたりが


最もスイングスピードが上がり、体も一番動いてた


覚醒モードに入ってました!!


あの樊振東選手が

水谷選手のこの覚醒プレーに



ついてけなくなって

0-3から
1-3で

セットをついに取り



その1-3になったときも



後半近くまで

樊振東選手は


水谷選手の
前陣で切り刻んでくる両ハンドを


怖がって
プレッシャーが逆にかかって



萎縮し始めてたんです。


なので

最後


樊振東選手が

うまく押し切りましたが



実は
水谷選手・・


あと一歩だったんです!!

この
捨て身の戦術で


樊振東選手の
力を落とさせることに成功して


水谷選手の能力が
一番発揮されたセットになってました。



あれを
取ってたら

2-3で

間違いなく流れがきたでしょうね。



五分五分になってたかもしれません。





という

本来なら


普通に
0-3のペースなら


普通の選手なら
0-4になってしまいそうなところですが



水谷選手は
相手が勝ちが見えて


負けがもともとという
最後の必殺戦術!



リスクは高いですが


もうこうやって開き直って
体の硬さを全部取って

がんがん思い切って振ってったの方が


チャンスがある!!


終盤完全に
流れは水谷選手で

逆転ムードが漂った!!



0-3から逆転ムードを漂わせるまでの


悪あがき
相手に勝てるところまで持っていけることができる


そういった捨て身の戦術って
やっぱり最後の最後あると


もう一つ固い選手になるのかなと
感じました。


水谷選手も簡単には
負けない。




もしくは勝機があった内容でした。


最後
樊振東選手が逃げ切りましたが


内容は
0-3までは樊振東選手でしたが


1-3のときは
水谷選手いけそうだったー><


樊振東選手の球を
さらに上から打って押してた。。


そういう
勝てそうな空気がある中、負けました。




すごいことですよね。



そこまで持ってこれる
捨て身戦術。





ぐっちぃも
たまに

やったりします。

どうしても勝てなくて
0-2になったとき


もう普通にやったら
負けるから


思い切ってこ。


開き直ってがんがん
びびらずに振ってったら


カウンターが面白いように入って


逆転勝ちできたり

2-3まで
持ってくることができたりしました。


なので開き直り作戦が
必ず、勝てるわけではないですが

少なからず相手は
最後の開き直りには



怖がってます!!



みなさんもされたとき、ありますよね?



負けたーって
思いながら

がんがん
打ち込まれるときほど

勝ってるのにちょっと怖いなー


って思うんです(笑)




それだけ勝ち確定の流れを


一気にぶっ壊してくれるのが


この捨て身作戦だったりするんです!!


もちろん
捨て身作戦は


ミスが増えることもあるので


失敗してしまうこともあります。


実力差があると
失敗しますが



結構実力が
近いもの同士だと


より
この一度勝ちを意識した相手


もう
負けだ!と負けを覚悟した自分


相手が
緊張して


自分が
もう負けてもともと、ミスしてもいいやーって気持ちでがんがんドライブを振ってやる!



そうすると
一度勝ちを見た相手は・・



上手くプレーができなくなってくるので


形勢逆転できることがあるんです!



なので
本当に最後の


捨て身の大逆転戦術を
ぜひ、みなさんも覚えておいてください!



0-2の状態で
相手に勝ちムードがある中で


ミスなく堅実に・・


って
意識して逆転するって


結構難しいですよね?汗




開き直った方が
たまたま当たれば、勝てるでしょうね(笑)



そのまま
1-2

おお!


振ってったら勝てた。




そのまま
勢いに乗り


相手は
逆に委縮し


2-2



もうこうなったら
相手は勝ちの流れだったのに


正常なプレーができないほど
パニックになっていると思われます(笑)



それくらい
勝つ側にとっても


順調に2-0としてから


相手に
開き直られることがイヤなんですよね。





ぜひ、水谷選手がこの
捨て身戦術を使ったことによって


樊振東選手が
終盤流れを持ってかれて水谷ワールドになっていた惜しい試合内容!




この作戦がなかったら
0-4だったと思われます。



ぜひ
みなさんもこの最後の必殺武器

捨て身戦術を
ものにしてやってみてください(*・ω・)ノ

   

最後に水谷選手が
樊振東選手に対して手ごたえを感じたようでした。


この捨て身作戦から
前陣で樊振東選手のボールをさらに上から被さるようにドライブを振れたら

勝てる可能性がでてきました。

それを発見できたこと。

水谷選手の狙ってる方向性は合ってて


大きな手ごたえ、収穫があったでように感じます^_^

この作戦、、いろんな効果があるので本当にすごいです。