みなさん
こんにちは!

WRMのぐっちぃです。


今日は
アンドロの新商品である


ラザンターR50を


実際
この前大会で貼って使ってきた感じを


書いていこうと
思います。




こちらですっ


じゃん!!

IMG_2473



エバンホルツ海外版FL!



ぐっちぃの
お気に入りです(笑)


これに
そのまま

いつもは
キョウヒョウを貼っているのですが



京都では



そのキョウヒョウをはがして



じゃん!!
IMG_2472


ラザンターR50に
張り替えている最中です。


貼った
感じは


こんな感じです。

IMG_2474


かっけー!!


UMスポンジ2.3で


かなり
グリーンが(笑)



黒檀とグリーンってかっこいいです。



触った感じは
パワーグリップより少し柔らかい印象。


では
早速打った感じを書いていきます。


IMG_2475


おー






深い!



フォア打ちが
とにかく深い!





早いと言うよりは
深い高い山!!


という
弧線を描くR50



パワーグリップと
弾み方が

全然違います(笑)



パワーグリップは
ペチペチという中国系の打感があるのですが



R50は
テナジー05みたいな食い込みがあり



05よりも
やや硬めで


食い込みもしっかりある。


そんな感じの打感なんです。



早速ドライブを打つと





深い!!



やっぱり
深い(笑)




そして
快速(笑)


パワーグリップの回転量を
引き出したまま


もっと
大きな弧線を描くようなドライブが

容易に
できてしまうんですよねー


パワーグリップは
結構


擦って打つ意識や
粘着好きじゃないと打感が合わなかったり


意識が多少いるラバーでありました。



R50も
柔らかいテンションを使っている方は


硬いと感じますが



粘着ユーザーはもちろん
やや硬めのスピン系をもともとフォア面に使っていた選手なら


問題ないくらいの
パワーグリップを少し柔らかくして


圧倒的な回転量を
より一般の選手向けにも発揮できるように改良したのがR50っていう感じですね。


それでいて
パワーグリップよりも


遥かに
飛距離が出ます。



なので
R50は


パワーグリップの

回転量のMAX値は
同じくらいですが


シートが薄くなった分の
どんな打球でも食い込んで、かけやすさが上がり


回転量の高さを
体験しやすいものになってるのがR50の今回すごいところです・・




カチカチのパワーグリップが好きな方には
少し柔らかく感じるので



もしかしたら
前のパワーグリップの方がよかった


という
方もいると思います。



ただ
圧倒的な弧線の大きさと回転量の高さのトータル値としてのラバーの差はあります。



パワグリの回転量をそのままに
少し柔らかくし、全体的に1段階、2段階近くパワーアップさせた感じなんです。






ドライブを打ち合うと

スイングと
ボールのズレがあります(笑)


これが
ラザンターのすごいところ・・!!



ボールのズレが
相手もびっくりするし


自分も
びっくりします(笑)




振ってない割に


めっちゃ
深く強烈なドライブになったり


引き合ってて


詰まって苦し紛れに振ったら


台からオーバーして
めっちゃドライブが飛んでったり・・(笑)




なんか
スケールが全然違うラバーなんですよね。





今までのスイングだと




ありえない方向に
飛んでったりすることがあるんです(笑)





テナジー05が出て
スピン系の新しいラバーが出たときも


面を伏せて
前陣ドライブができる!


という
新しい打法や


強烈なラバーの性能で
打ち方が誕生してきたのですが



今回のラザンターも


打ち合いの時
いつも以上に面を伏せた方がよさそうなんですよね汗



これが
凄い汗





なので
ぐっちぃ自身も

まだ
このラバーの神髄を


分かり切っていないところがありますが



ドライブに関しては


新しい打ち方


あまりにも
高性能なボールの出方により


より
打ち方が自然と変わっていって


面を伏せながら
後ろから強烈なドライブを放てる!

面を伏せる方が
ボールの上を擦れるので


より
攻撃的なドライブ球になりやすく

相手にも
重い球質で押すことができます。


凄い時代です。
IMG_2478




そして
ドライブの引き合いも


結構
鈍感なんです。



全部食い込むので
相手の球の影響を受けない



スポンジが
厚くなると

打ち合いって
やりやすいですよね?


薄い方が
相手の球に敏感で打ち合いしにくいですよね?



その感覚から
UMの2.3mmは


超相手の球の感覚を
気にせずに


未知な威力を出すことができます汗


なので
打ち合いが異常なほど強いのがラザンターです。


さらに
サーブや台上も


あまりにも
スケールが違う飛び方をするので


ちょっと
ぶっとびで制御できないかなー


って
印象がありますが


パワーグリップのいい部分だった


サーブの強烈スピン
ツッツキブチギレで安定する


これに関しては
R50は


食い込ませてツッツキすると


飛んできます(笑)

IMG_2476


サーブも飛んできます汗


一瞬制御できないかなーって

思いました。。。



しかし
R50の最新のシートで




シートで
擦るようにツッツキ


シートで
擦るようにストップをすること


サーブも
擦るように出すことで



一気に
パワーグリップの感覚の切れ味で低く鋭く出すことができます。




なので
ちょっと


今までのドイツラバーと

性能の違いが
かなりあり


全面性がとにかく高くなっている。


そこで
今までとは違った新しい打法が生まれる感じがありますね。




ぐっちぃは
R50で

面を寝かせてドライブすると強烈な破壊力ドライブ

細かい技は擦るようにすると強烈スピン


という感じで
力を発揮しだしました。

IMG_2477

まだまだ
ラザンターの性能は発揮されると思います。


とにかく
このラバー・・



おもしろい(笑)



R50はこんな感じで
新しすぎるが故に、打った瞬間


どうしていいかわらかなくなったりしますが


打ち方が
できてくる・コツをつかんでくると


だんだんと
ヤバイラバーのポテンシャルが出てきました!




フォア面
しばらくラザンターR50で


使っていきたいと思います!
IMG_2473