みなさんこんにちは(*・ω・)ノ


WRMのぐっちぃです。





今日は


試合で
どうしても



緊張してしまい




うまく試合ができない




調子がでない





という
苦い経験をされたことある方多いと思います。






ぐっちぃ自身も
昔よく





緊張してしまって
プレーがガタガタになってしまうことが多々あります。
DSC_2694


DSC_2771 

特に強い選手とやると


もうレシーブやサーブがガタガタ(笑)







そこで






試合で
緊張しないようにする方法を


5項目紹介します!






これが
全部効果的というよりも





この中で
どれか一つでもみなさんに合えば






試合で緊張しない
自分の実力をいかんなく発揮できる試合をすることができます






では





試合になると、
どうしても緊張してしまう対策①






①『試合が始まるまでは、試合のことを考えない』





実は
試合前は





試合のイメージ、相手の印象、作戦会議など





事前に相手が
わかることが多いので





対策を練ったりするのですが






そういうので
相手のプレーを見てると






相手が
強く感じ





ビビってしまうパターンですね。






ぐっちぃも
意外とこのパターン結構ありました汗






緊張しやすい選手は




逆に
試合前



相手の試合を
見ないようにする




試合を考えないようにすると




案外
調子がいいときって無心のときなので




その
無心の感覚で




相手にぶつかっていくと




意外と
緊張気味のタイプの選手なら




こっちの方が
力が出せることがあるんです!




ぐっちぃも
緊張してしまうときは





直前で
試合のことを考えないようにしてます。





なので
①『試合が始まるまでは、試合のことを考えない』





これは
結構ぐっちぃ的に

助けられたやり方の一つです。





そして
どうしても緊張してしまう対策②







②『試合30分前は音楽を聴く』





これは
学校ではもしかしたら




だめって
言われてしまうかもしれませんが






自分の落ち着く、好きな音楽を聴くと





結構
緊張感を和らげる効果があります。







実際これは
トップ選手がよくやってるんですよね。





全日本でも
福原選手を始め、大勢の選手が




直前30分前くらいから
音楽を聴きながら、ストレッチ。





というのを
やってます。





なので
これも効果的ですね




②『試合30分前は音楽を聴く』



できる環境でしたら
取り組んでみて下さい。





そして





試合になると、
どうしても緊張してしまう対策③






③『前日は食事をしっかりとって、睡眠を多くとる』




これは
当然っちゃ当然のことですが






やはり
卓球は集中力が欠けやすくなったり





睡眠不足で疲労して





体が重たい状況だと




足や体や目が動かなくて





遅い動きが
自分でもわかるので





そこで
試合になると




鈍った動きで
試合って自分の心の中で思ってしまうと





焦りを生む原因になります。






焦りは




要するに





緊張を生むことになります。






なので



対策③
試合前日はたっぷりの7時間以上の睡眠と、しっかりとした食事をとることが大切です。



そして

 


試合になると、
どうしても緊張してしまう対策④



④『試合前に友人や仲間と会話をする』 



やっぱり試合前に
緊張し過ぎて


手に汗握るような感じや
ドキドキしてしまう方



いろいろあると思うのですが


シンプルに
近くにいる仲間と会話しちゃってください。



そうすることで


試合の
緊張感をだいぶ軽減することができます。



リラックス効果があるということですね。



これは結構調整しやすいです。

仲間と話して
リラックスできて


試合のことを考える

また
変に緊張し過ぎたら


すぐに
会話をする


それで
すぐに治せます。



いろいろと調整が効きやすいやり方です。





④『試合前に友人や仲間と会話をする』 


シンプルですが大切です。






そして






試合になると、
どうしても緊張してしまう対策⑤





⑤『適度な緊張が一番パフォーマンスを発揮できる!』




実は
緊張は悪いものだと考えガチですが







適度な緊張具合が
一番集中力が高くパフォーマンスが高いといわれています。






なので
緊張すること自体は






悪くないんです。







むしろ
ちゃんと集中してるなら





少し緊張状態になるはずです。






何を言いたいかということですが




要するに






緊張することは悪いことじゃない。




適度な緊張が
最大のパフォーマンスということを




知っておくだけ、頭に入れておくだけで





緊張してるときに
もっと緊張してしまう悪循環を防げる




 

気持ちの面で
非常にプラスにもっていけるものなんです。







適度な緊張はいいことなんです。





それを知っておくと
緊張から来る焦りが軽減しますね。





⑤『適度な緊張が一番パフォーマンスを発揮できる!』




ぜひ
やってみてください。






ということで


試合で緊張しないようにする方法5つ紹介させてもらいました!!



全部やってみるのもいいですし
できるものからやるのでもいいです。


あとは
この中で、特に落ち着くもの、など



いろいろ
自分なりに5パターンやってみて




効果が高いものを
試合と試合前で実践していってください。



少しでも
参考になればうれしいです!

DSC_2688