両面テンションラバーするメリットとデメリットを
書いていきたいと思います(*・ω・)ノ




今中国以外の選手では
圧倒的なシェア率の高さを誇る


両面テンションラバーです!

DSCF7952

DSCF7960


DSCF7020
今回は



トップ選手の両面テンションの使い方に
基準を置かずに



私達一般ユーザーの
両面テンションラバーのメリットデメリットをがーーって書いてきます!

DSCF4598








まずは



メリット
①打球にクセがなく扱いやすい


②スピードとスピンの両立が高いスタイル


③とにかくフォアもバックもドライブが走る


④同じテンポでフォアもバックも球が出るので同じピッチで両ハンドが振りやすい


⑤打ち合いで前でも下がっても弾みがあるのでプレー領域が広い(前陣から後陣まで可)


⑥フラットで打球してもスピードで点数が取れる


⑦スピードサーブがとにかく早い


⑧ドライブ一発の早さ


⑨フォアもバックもどちらも一発の威力が出せるのが大きい


⑩比較的食い込ませるタイプの方が性能を引き出しやすい


⑪相手の回転の影響を受けにくいので自分の思ったプレーがしやすい


⑫粘着のようにスイングしなくても当てるだけで飛ぶ感覚がフォアもバックもあるのでラクである


⑬比較的重量は粘着に比べると軽め


⑯スイングスピードがそこまでいらないのですぐ威力を出しやすい

⑰フリックがスピードが出て入りやすい

⑱ドライブが振れなくてもフラットに当てるだけでもスピードで押せる→使いやすい

⑲フォアもバックもスピードを利用した前中陣ドライブオールラウンドプレー主体の方向け

⑳インパクトが強くなくても両ハンドドライブで比較的簡単にペースを握ることができる

21 ボールの変化が少なく正統派な球が出るのでラリーになりやすい


デメリット
①サーブが切れにくい


②レシーブが飛んでく・切れにくい


③緊張すると飛び過ぎて入らないことがある


④ドライブ時に回転をかける感覚がないとプレーが安定しない


⑤テンションの勝手に飛ぶ感覚が合わない方もいる


⑥ループドライブが飛んできやすくやや難しい


⑦絶対的な回転量は粘着ほどではない


⑧フォアもバックもボールがシンプルになる恐れがある

⑨回転の変化・スピードの変化が難しく、そこは自分でつける必要がある


⑩ドライブが少し軽い 球の重さ・球威は粘着ラバーのトップクラスには劣りやすい


という感じで
両面テンションラバーのメリットデメリットを


ざっくりと
挙げてみました!




まだまだ
たくさんあると思いますが・・・




プラで
スピン系の両面テンションが増えつつある中


こういった傾向がありますね(*・ω・)ノ


みなさんには
両面テンションラバーは合いますか?


この早見表を
見てもらえると


どういったスタイルが
両面テンションがいいか


よくわかるようになったかなと
思います!


あと
両面テンションユーザーの

特性を知ってもらえると
対策を練れたり

使用者の視野・考えを広げることができる
31つの内容だと思います


少しでも
参考になれば嬉しいです( ´∀`)つ

DSCF4533


テンションのラバーによっても
また違うので

大体の大かまな
特性・傾向だけ今回知ってもらえればと思います!
DSCF6611