みなさんこんにちは

b-50

今日は


WRMで売れ筋の
粘着テンションラバーの


MazeProブルースポンジ 46度
DSCF0114



誰でも
粘着ラバーの回転の強さを体験できることから


非常に高い評判を頂いてるラバーですが



今回
国内メーカーさん


ヤサカさんから出ている

テンション粘着ラバーの



翔龍!
b-50




これも
大会でよく見かけてて



よく飛ぶから
粘着っぽくなくて


テンションみたいな
感覚で粘着が使えると評判。




試合でも
フォアMazeProブルースポンジでバック翔龍

という組み合わせだったり



この2枚の比較をする方が
結構多いので




今日は
この2枚を対決比較をやってみようと思います。










まずは
フォア打ちしてみました。





どちらも
硬さが


ほとんど
同じくらいかなーという印象です。





シートとスポンジの
両方を合わせた硬さが


この2枚が
かなり似てるんですよね。




粘着ラバーの中では
やや柔らかめの部類、




粘着テンションの中では
標準くらいの硬さになってます。





2枚とも
近い硬度で中間ぐらいのバランスの良さから





多くの方から
評価を頂く大きな要因となっているようです。




フォア打ちは

翔龍の方が
弾んで、直線的に入ってきます。




MazeProブルースポンジの方が
遅くて高めの弧線で入ってきます。






表面の粘着力の差が
性能差になっているような感じですね。




微粘着がMazeProブルースポンジ(見た目強粘着ぐらいありますが、実際は微粘着ぐらいで収まります。)
DSCF0101




微微粘着が翔龍
2016-12-12-14-09-48

こんな認識でいいと思います。




そして
ドライブを打ち込むと









翔龍の方が
リズムよくスピード感のあるドライブが



ぐいぐい
出ていく感じで




回転も
テンションに比べたら強いので




十分な回転で
ドライブの速さは結構ブレイク系な感じがありますね。





軌道も
粘着ラバーの中でもかなり直線的ですが



突き刺さるような速さが
かなり魅力です。





MazeProブルースポンジは



ドライブの速さは
翔龍には勝てませんが






その分
ドライブの回転量は翔龍より少し強くかかり、かけやすさも上ですね。





弧線も上がります。





ラリー力は



とにかくこの2枚は強いですね。







MazeProブルースポンジは

常に回転がかけられ弧線を描いたドライブ戦で


打ちやすい。




上げやすいので


後ろ下がっても




少しでも
かけるそぶりをしたら



結構
スピンの強いドライブで盛り返せるのですが





翔龍は
ちょっと違う感じで





後ろから
苦し紛れに振るようなドライブは




ちょっと
MazeProブルースポンジほどドライブの効力発揮しないのですが





普通に
状態がよければ





かなりの速度を維持しながら
回転の強さで


後ろから押すことができるので




実は
万全な体制で打てるラリー戦なら翔龍




ちょっと詰まったり
苦し紛れのラリー戦ならMazeProブルースポンジ



の方が
ドライブラリーで強く戦えますね。




それぞれ
いい部分があるんです。




もちろん
2枚とも今までの粘着ラバーに比べたら弾んで食い込みが強いので



後ろからボールは飛ばしやすくなってます。





オールで使ってみますと




翔龍は
弾みの強さを生かして



多少
相手のドライブがかかってても



反発力で
ミート気味にあたっても



入るんですよね。


これが
テンションっぽいところです。





要するに
テンション系使ってる人で



相手が
ドライブを打ってきたときに


合わせるように
打つと


それだけで
結構なスピードで




いい繋ぎ球になるということです。



なので
翔龍の評判の高さは




テンションを普段使ってる人が

粘着にチャンレンジしたときに

テンションの
弾く感覚が




かなり近い!!




それが
翔龍なんです。






なので
弾いたフォアミートやドライブ連打をするタイプは



かなり
翔龍が合うと思います。




要するに
テンションラバーを使ってる選手には



非常に多いスタイルかと思います。

2016-12-12-14-09-46





MazeProブルースポンジだと




相手のドライブに対して
合わせるようにして打つと




遅く
上がりがちになり



打たれてしまうので




MazeProブルースポンジは
少しでも試合中




全部
フォアはドライブでかけまくる!!







オール回転意識して
卓球をやってる方に最高なんです。





ミートはほとんどしない。




というタイプなら
MazeProブルースポンジの回転の高さで





有利な試合ができますね。





回転が弱いタッチでも
少しドライブの素振りをしてくれれば





強烈なトップスピンへと変換してくれます。




これが
みんな気に入るところなんですよね。




なので
MazeProブルースポンジのフォアブロックを




ちょっと
伸ばしたりすると




相手が
かなり上回転で伸びてくれて




苦しんでくれます。





なので
もしブロックやミートをするとしても




ドライブ系の回転をかけながら使うことによって
MazeProブルースポンジの性能は最大限に発揮されます。



image

翔龍は
ドライブ&ミートを混ぜるような感じでフォアに使う選手がおすすめです。


回転の影響も
翔龍の方がうけずらいので


ミートしやすいんですよね。





ということで

売れ筋の
MazeProブルースポンジと翔龍の2枚の粘着テンションラバーを比較しながら打ってみました。



みなさんは
どちらのタイプでしたでしょうか?





①弾みがとにかく強くて、ミートもできる粘着テンションの翔龍!

体勢がいい状態でドライブができると、スピードとスピンのトータル値がとても高い。





②回転がとにかく強くて、
どんなタッチでもスピンが入る粘着テンションのMazeProブルースポンジ!

体勢が悪い状態でも高いスピードとスピンのトータル値を出しやすい。


同じ硬度で
微微粘着テンションの翔龍か微粘着テンションのMazeProブルースポンジか?



なかなか
悩みで多い2枚を少しでもわかるように検証してみました。





MazeProブルースポンジよりもう少し弾んでほしい。


というので翔龍選んで成功した方がいたり





翔龍使っててもう少し回転がかかってほしいというので、

MazeProブルースポンジを選んで成功した方が



ちょくちょくぐっちぃの周りでいます。




何か参考になればうれしいです。
b-50