今日は



エボリューションMX-SとファスタークP-1の


両者の比較を
プラボールでやります!
DSCF7392

DSCF7390

image

ドイツ製ラバー対決ですね



では
ラバーの硬さは


MX-Sは
しっかり硬め 


P-1は
少し硬め程度


ということで

硬い  やや硬い
MX-S>P-1



そして
ドライブ時の弾み

MX-S=P-1

ほぼ同じくらいですね


両者ドイツ製の中では

弾みは
低い方になります


ドライブの回転の強さ(MAX値)
MX-S>P-1


MX-Sの方が
シートとスポンジが硬めなので

しっかり
擦れた時の回転量は


凄まじいものがありますね汗


かといって
P-1もドイツラバーの中で回転が強い方なので

お忘れなく!


そして
ドライブのかけやすさ


MX-S<P-1


MX-Sは
結構擦る感覚やある程度打球が強い方が使うと


回転が
常にかかリ安定しますが


P-1は
どんなタッチでも

常に
ドライブがかけやすいです

薄く当たったり
厚くあたっても

とりあえず
食い込んでドライブ回転を生みますね


なので
かけやすさはP-1が上です


弧線の質は

弧線  直線的
MX-S>P-1


という感じで


MX-Sの方が
わずかに高い感じです


しかし
たまに硬めなので

ボールをつかみきれないときがあり

そのときは
P-1の方が

弧線が高い感じがするんですよね


基本は
MX-Sが弧線が高いですが


中級者以上の方でないと
この弧線の高さが出ない感覚があり


P-1は
弱いタッチでも弧線が無難にある程度上がるといった印象です


image


とりあえず
MX-Sは強烈スピンのドライブマンで打球にある程度力ががある方向け

P-1はどんなタッチでも弧線が上がりひたすら安定した回転量でプレー自体の安定感が高い


という感じです

DSCF7392

どちらも
使ってて

スピードボールは
そこまで早くないんですが

超スピンのMX-Sか
安定スピンのP-1


どっちがいいかですね笑


あと
他にも


MX-Sは


エボシリーズの中でも

擦って打つとより
回転性能が生きるラバーで


エボにしては珍しいんです


P-1は
どちらかというと

食い込ませるタイプのラバーです!


両者には新しいドイツ製でも
そのような違いがあります!


なので
MX-Sは



使う技としては

サーブを切って
ループドライブで回転を強くかけて

回転重視のドライブで粘る(少しパワーがいる)



P-1は
サーブを切って
ひたすら安定ドライブで

打ち込み続ける(パワーがいらない)


という感じになってます


P-1の方は
WRMでは扱ってませんので

他店さんにてお買い求めくださいませ。








image

DSCF7389