話題になってる
ラザントビートについて書きたいと思います





わかりやすく


同じ系統の
ラザントシリーズの




ラザントパワーグリップ
ラザントグリップ
ラザントビート


この
強烈なスピン3枚組のラバーを書きたいと思います!

image




まずは
弾み(弱いタッチ)


ビート>グリップ>パワーグリップ


やはり
弱めのタッチ・柔らかいラバーの感覚が好きな人には
はずみが強いと感じます!


弾み(強いタッチ)
パワーグリップ>グリップ>ビート



回転のかけやすさ
ビート>グリップ>パワーグリップ


ビートのかけやすさは
どんな選手であってもシートとスポンジに食い込ませることができるため

スピンが生まれる。

しかも
シートのかかりがいいので

スピン量も高い




回転量の多さ
パワーグリップ>グリップ>ビート


回転量の多さでは
ビートはパワーグリップには勝てないですが

柔らかいラバーの中では
ぴか1なスピン性能です!



少し擦る感覚で卓球する方にはパワーグリップ
食い込ませる、当てるように回転がかかるのはビートやグリップです!




打球感
柔らかい  硬い
ビート グリップ パワーグリップ

柔らかいシリーズのラバーを
貼っている方におすすめです


ラバー重量
軽い   重い
ビート  グリップ  パワーグリップ

重量がとにかく軽めです

弧線の高さ
ビート<グリップ<パワーグリップ

この3枚は
かなりレベルが高い弧線の高さです

おすすめのレベル

ビートは初心者から中級者
グリップは初心者から上級者
パワーグリップは中級者から上級者


という感じで
ビートは

本当に
ボール感覚がなくても扱いやすさ・弧線・スピンの高さガウリです!
DSCF8317


みなさんが
フレックス系ラバーをフォアかバックに貼ってる方も多いと思います


そちらの
フレックス系に

ラザントビートは
フレックス系のスーパーラバーです(*・ω・)ノ


やはり
硬いスピン系のパワグリとは

また
違った性能のため


全然
感覚とかが似てないため

合う方は
やっぱり柔らかいラバーを貼っている側の面!!!!


ですね(*・ω・)ノ


 
もしくは
フォアかバックで苦手な方の面に


貼ってもらうと
びっくりするくらいボールがかかって安定するので



お気に入りになる可能性があります!( ´∀`)つ


そして
プラクソンシリーズとの比較は・・・
image



似た硬さに近い
350を引っ張り出すと・・・




弾み(弱いタッチ)

350>ビート


弾み(強いタッチ)
350>ビート


回転のかけやすさ
ビート>350



回転量の強さ
ビート>350



という感じで

プラクソンも
多少引っかかりますが

ビートは
もっともっと引っかかる感じですね


でもはずみは
プラクソンの方が断然に高い・・・



なかなかビートは
強烈で今までなかった引っ掛かりの強さを柔らかいラバーで出してきた

印象の強い
プラ対応ラバーです(*・ω・)ノ


DSCF8320