では・・・






早速
VICTASの新商品


V>01 Stiffを
打っていった感想を書いていきます(*・ω・)ノ
DSCF9696




比較の対象は
国内系ラバーや


V>01 と
比較していきますね( ´∀`)つ





試打したラケットは・・・










7枚合板の
スワットです(*・ω・)ノ
DSCF9722







バック打ちスタート!!














カンカンカン・・・
















ん?













音が・・・

















いい(*・ω・)ノ












V>01 よりも
やっぱり食い込みが強くなっている分



金属音の強さも
アップしています♪






面白いですね



シートの引っ掛かり具合も
強くなっているので



ボールを
しっかりつかみながら



引っかかって
上に飛ぶ感じですね





フォアよりも弧線が
直線的に飛びやすい感触がありましたが


それはそれで
スピードの乗った球が出やすい感じがありましたね












フォアと
感覚が似てそうで似てないのに驚きです



バックは
スピードが出る感触があるのは





標準のテンションラバーの中でも





気持ち柔らかい!!






ということですね(*・ω・)ノ






インパクトを
そこまで強くできない

バックでも
軽いタッチで




ボールが
食い込んでくれて

スピードボールを
出してくれています




しかも
引っ掛かりも強いので




ちゃんと
やや直線的ながら

弧線も
描かせることも可能という


コントロールのしやすさが
圧巻でした



自分くらいの
パワーなら


バックに関しては
V>01よりもスピードも引っ掛かりも上ですね!









では
ドライブを打ってみます!












おーーーー
















明らかに


V>01 と
軌道が違います汗










V>01 よりも
スピードが出て


直線的なドライブだけど


回転も強いので
安定する


不思議な感触・・・







先日の大会で
TSPの尾前さんと会った時・・・







尾前さんが
バックに実際貼っているラバーということで







この
ラバーをバックに貼るよさ・・・










すごく
伝わってきました(*・ω・)ノ












V>01よりも
柔らかいので



インパクトが
しっかりできなくても


スピードの乗ったボールが送れるのが
嬉しいところですね



これは



レベル高いなーって
実感しました!



うーん


あれだ(*・ω・)ノ






テナジー64に近いですね!


テナジーシリーズで
バック向きと言えば・・・





64ですよね(*・ω・)ノ



その
イメージに近いラバーです♪






あれ?


フォアでは
05?



バックでは
64のような性能を


持つ


V>01 Stiff!!



これは・・・















2つの顔を持ったラバーということで期待が
できると思います(*・ω・)ノ
BlogPaint






しかし
全てが完璧というわけではなく



ある部分が
少し気になりました




それは















レシーブの
難しさですね!








やっぱり引っ掛かりが強いシートということで


回転もかかります!






しかし
V>01 よりかは

柔らかいので

ツッツキが



結構回転の影響を受けるわりには・・・




かっとんできます(((( ;゚д゚)))






バックツッツキしたら
いきなり


オーバーミスしたので・・・





最初この引っ掛かりと柔らかさに
馴れが必要だなと感じました






ツッツキ系ストップ、サーブは・・・







回転は
V>01の方が
かかる感じがありました








V>01 Stiffが


柔らかい分
飛んでく感触が気持ちありましたね






でも
シートの引っ掛かりが強いので





ブツって切った時は








V>01 を超えるような
ツッツキが出ていた時もありました







フリック・ツッツキ・チキータなど・・・









台上の
扱いはV>01の方が








やや全体的に上でしたね♪




やっぱり硬い方が
台上は強いです



チキータも
ちょっと


威力は
でにくかったですね





引っ掛かりが強いラバーは


ある程度硬いスポンジが
相性がいいので


V>01 Stiffの硬度だと
食い込ませていいのか


引っ掛かりの強いシートの擦りに頼っていいのか・・・



中間な
感じになってしまい


台上ドライブ、チキータ系は

やや安定感が
なかったですね(; ̄Д ̄)





しかし・・・








上回転系のラリーの
バックハンドは








完璧です(笑)


フォアでは
スピード面が少し弱いと感じていたのですが





バックだと
スピード面は気にならないくらい出てました♪







バックハンドの
攻撃を主戦武器にしている方は

一度使ってみることをおすすめします









力が
そこまでいらないのに


バックの強打が
安定するのも




大きな魅力ですヾ(´ω`=´ω`)ノ









ということで


フォア面で
使うなら


テナジー05ユーザー




バック面で
使うなら


テナジー64ユーザー








2つの顔を持ったラバーということで期待が
できのも・・・






嬉しいメリットだと思います!(*・ω・)ノ

DSCF9734