今日は
水谷選手と張一博選手の決勝戦を見てましたが



1ゲーム目は


最初水谷選手が
少しリードして



だんだん
バックのピッチ戦になってきて



バックの一定リズムの
ピッチ戦の


圧倒的な
安定感と速さを誇る張選手が




逆転で
1ゲーム目を取ります



1ゲーム目
水谷選手ペースだったのに

まさかの
途中から

張選手の
球と同じペースでラリーして


水谷選手も
ラリーが得意なので


そこで
勝負!

という感じでしたが

今大会絶好調な
フォアカウンターに加え鉄壁バックハンドが


かなり
ずっと入り続けていたので


水谷選手が
張選手と前でラリーしてもいける!

という
自信のある展開でしたが


やっぱり
今大会の張選手の


一定リズムのピッチ戦の
強さ


これは
水谷選手も参ってた感じます



そして
1ゲーム目


スーパー高速ラリーを
張選手が制し

0-1





2ゲーム目


水谷選手が



サーブを効かせてきましたね!



本当に




どこに
どんなサーブがいつくるのか?


水谷選手のサーブの圧力


これは
本当に


実際見てて


自分にも
伝わってくるものがありました



まず
水谷選手が

3球目一発打ちが
とてもうまいので


それがあると
思うと・・・


レシーブを
合わせたり、浮かせたら


一瞬で
終了になる!


という
圧力で



レシーブが
できない



これは
水谷マジックですね



1ゲーム目は
大接戦だったのに対して


2ゲーム目は
水谷選手の本気のサーブ戦術(コースを散らして回転を毎回変えてました)




これで
すぐレシーブをわずかに


いれてきたところ
ミドルに一撃ドライブ!



これで

一瞬で
あっさりと奪い返しました



1-1に!


恐ろしい
サーブ3球目戦術です汗




そして
3ゲーム目以降も


同じ展開になっていきました


サーブで
コースと回転を常に狂わせて



あと
レシーブでは


かなり積極的に
台上ドライブというよりも






横回転重視のチキータを駆使してましたね



サイドスピンにして
時間を作り



次有利な上回転ラリーに持ってってました



水谷選手の
今年1年変わったなーって思ったのは


この
台上のチキータをする意識が


今大会異様に高い気がしました



レシーブの半分近くが
チキータから入ってますね



笠原選手との対決でも

終始
サイドスピンチキータがかなり効いてて


ここが
台上のレシーブ感覚がまた一段と向上した感じですね


それで
3,4,5ゲーム


すべて

①あちこちにコースを散らして回転を変えるサーブからの3球目一発ドン!の戦術


②チキータを徹底させ攻める、もしくは自分の次の攻め球を作るレシーブ戦術



③得意の粘るブロック&ラリー


④厳しいレシーブが来たときは
ツッツキ打ちで無理せずめっちゃかけたチョリドラ(張選手のブロックをオーバーさせた)

そして


3ゲーム目以降からは

張選手の
超高速ピッチのペースに持っていかせないように



ゆるっとかけて
合わせてきたところを



一発で踏み込んでドン!


っていう
シーンが多かったですよね



やはり
早いピッチで強い選手に有効な

メリハリをつけたプレー


これが
水谷選手が

強い秘密ですね


この緩急、メリハリのドライブが
できるから


張選手の
高速ブロック&カウンタープレーにハマりませんでした


張選手が
決勝まで進出してたとき

みんな
高速連打系が

張選手の
ブロックとカウンター舞台を引き出してしまい

張選手の
今大会の強さが加わり

敗れてたのですが



水谷選手は
緩急作戦も


ラリー中うまく使い
張選手の持ち味を3ゲーム目からは減らしてましたね



これが
5つ目のポイントです


①あちこちにコースを散らして回転を変えるサーブからの3球目一発ドン!の戦術


②チキータを徹底させ攻める、もしくは自分の次の攻め球を作るレシーブ戦術



③得意の粘るブロック&ラリー


④厳しいレシーブが来たときは
ツッツキ打ちで無理せずめっちゃかけたチョリドラ(張選手のブロックをオーバーさせた)


⑤緩急作戦 ゆるっとかけて合わせてきたところを一発で踏み込んでドン!


水谷選手は
これだけのことを一度の試合でやってたように感じますね


相手の
レシーブが厳しかったら

超ループ

レシーブが合わせレシーブだったら
一発ドン!


サーブ作戦と緩急作戦の両方を使い
いけるときといけないときのメリハリを徹底させてドライブを打って

張選手は吉村選手の球はブロックでしっかり止まってたのに

水谷選手のメリハリによって
ブロックが止まらなくなってきました


すごい
決勝戦。。




いやー
実際


なんでもできる圧倒的な技術力・メンタル・戦術の実践の数々




これらが
ないと


戦術って使えないですよね><


水谷選手の
圧倒的な強さは


1ゲーム目落としてからの
すぐ5つの戦術を使って

徹底的に相手を
つぶしにかかった



その結果
あの強さが・・・汗




素晴らしいです

全日本
10回決勝戦8回優勝


ここまでの
安定した成績が出せるのも


このような
1ゲーム取られたりしてからの

戦術転換が
さらっとできるトータル力の高さだと思います


本当に
素晴らしい試合を観させてもらいました。


ぐっちぃなりの
ちょっとした思ったことでした。

何かの参考になれば嬉しいです。


水谷選手
おめでとうございます!

c7c4e445

水谷隼選手のお兄さんです!
いつも毎年応援に駆け付けてるんですよー


兄弟の
力があってこその隼選手の強さだと思います。