こんにちは!
 

卓球の用具って
どんどん高性能になっていきますよね!


そこで
今回は


基本的な
ラケットの考え



板厚が薄い


板厚が厚い


という
最近用具選びのときによく口にする言葉の
基礎的な法則を



みなさんに
教えていこうと思います!



よくみなさん
カタログやラケットを見たときに


板厚〇.〇mmなんだー



って
言いますよね?(*・ω・)ノ


この板厚の
何ミリかによって

だいたいのラケットの性能が
見えてくることが多いですね

板厚が分かれば

ラケットを購入しなくても

そのラケットの傾向を
大まかに知ることが出来ます


逆に言えば
ラケットを使わなくても

ある程度
板厚だけ考慮すれば

7割型の性能は
わかってしまう感じです(笑)


それがわかると
より自分の求めるものに近いラケット選びがしやすくなります!




もう知ってて当然だーっていう方も
多いと思いますが


ラケットの選びの大事な基本知識です(*・ω・)ノ
DSCF0451

DSCF2131

(板薄なエバンホルツ5と板厚なSK7)


板厚が薄めと
板厚が厚めの性能差をご覧ください(*・ω・)ノ

① 弾み(弱めのタッチ)
板厚が薄め<板厚が厚め


② 弾み(やや強めのタッチ)
板厚が薄め<板厚が厚め


③ 回転のかけやすさ
板厚が薄め>板厚が厚め


④ 回転の強さ
板厚が薄め>板厚が厚め


⑤ ラケットの重量
軽め     重め
板厚が薄め<板厚が厚め

特に
ラケットの板厚で重量は決まりませんが

傾向としては
板厚のラケットの方が重めであることが多いですね


⑥ブロックのしやすさ
板厚が薄め<板厚が厚め

板厚の方が相手の強打に負けません

⑦ドライブの威力
板厚が薄め<板厚が厚め




⑧ドライブの安定感
板厚が薄め>板厚が厚め


⑨サーブの早さ、鋭さ
板厚が薄め<板厚が厚め

⑩サーブの切れ味
板厚が薄め>板厚が厚め

⑪ツッツキの早さ、鋭さ
板厚が薄め<板厚が厚め

⑫ツッツキの切れ味
板厚が薄め>板厚が厚め

⑬ツッツキの安定感
板厚が薄め>板厚が厚め


⑭フリックの威力
板厚が薄め<板厚が厚め


⑮フリックの安定しやすさ
板厚が薄め<板厚が厚め


⑯チキータの威力
板厚が薄め>板厚が厚め


⑰チキータの安定感
板厚が薄め>板厚が厚め


⑱ドライブラリーの安定感
板厚が薄め>板厚が厚め


⑲ドライブラリーの威力
板厚が薄め<板厚が厚め

⑳スマッシュ・ミート打法の安定感
板厚が薄め<板厚が厚め

21スマッシュ・ミート打法の相手を追い詰めるスピード
板厚が薄め<板厚が厚め


22相手の回転全体に影響を受けずにプレーができる
板厚が薄め<板厚が厚め

23弾道
直線        弧線
板厚が厚め  板厚が薄め

24しなりの強さ(回転のかけやすさ系)
板厚が薄め>板厚が厚め

25 全体的なレベルの層
板厚が薄め 初心者から上級者まで
板厚が厚め 中級者から上級者まで

ということで
25か条を書きました!



一般的な
ラケットの板厚の違いで


このような傾向が
現れます






板が薄いほど(一般的には5.0mm~6.1mmぐらい)
回転ドライブ系プレー・粘り回転プレーが得意



そして
板が厚いほど(一般的には6.5mm~それ以上)
スピード一発ドライブプレー・ミートフラット打法・スピードプレーが得意



そして
適度な板厚(一般的には6.3mmぐらい)
中間的な位置のラバーで、適度な球持ちは
回転系とスピード系をまんべんなくできる!



ということなんで


ぐっちぃ的には
フォアの超スピン重視卓球にラケットを標準にしてますが


しなり回転重視の中でも

スピードを最低限確保しているところで
板が出来る限り薄いもの!!


という感じで


5mm後半から
6.1mmぐらいの板厚という選び方をしていました


このような感じで

うまく
みなさんの主要技術に合わせて使ってみるといいかもしれませんね




もう少し細かく書くと


板厚
①5.0~5.5mm 
超スピンでスピードはほとんどない状態 スピン+安定


②5.6~6.1mm
超スピンの中でスピードを最低限確保している!←ぐっちぃの板厚こだわりゾーン スピン+安定+スピード


③6.2~6.4mmぐらい
ちょうど中間的な位置でスピンとスピードのバランスがよい スピード+スピン+バランス


④6.5mm以上
超高速スピードドライブやスピードを利用した早いパワフル卓球が可能! スピード+パワー



あくまでも
一般論やぐっちぃの感覚なので


全然
違う!

という意見は
たくさんあると思いますが



板厚が分かれば
ラケットを購入しなくても

そのラケットの傾向を
大まかに知ることが出来ます(*・ω・)ノ





ラケットを使わなくても



ある程度
板厚だけ考慮すれば


7割型のラケット性能が
わかってしまう感じです(笑)



なので
ぐっちぃの場合は

②5.6~6.1mmの範囲内でしか
本番用ラケットは選ばないですね(笑)

この条件から
ラケットを探す感じです!


それ以外の板厚だと
若干抵抗がありますねー汗


板厚の知識がわかると
より自分の理想に近いラケット選びが卓球ショップさんでしやすくなります!



板厚の知識が分かれば

ラケットを購入しなくても

そのラケットの傾向を
大まかに知ることが出来ます


参考になれば嬉しいです(*・ω・)ノ

DSCF7849
①5.0~5.5mm  超しなりのブラックバルサ5.0

DSCF0451
②5.6~6.1mm 板薄なエバンホルツ5


DSCF5646

③6.2~6.4mmぐらい
ちょうどスピードとスピンの中間あたりのバランスマンのクリッパー前仕様タイプ!


DSCF2131

④6.5mm以上 板厚で圧倒的なスピードパワーのSK7