ジャパンオープン初日しっかり見てきましたo(^-^)o

お客さんも思ってた以上に多くてびっくりしました

初日とは思えないのではないだろうか…(笑)
卓球界が盛んになることはすごい嬉しいことです

今日は気になったことを一つ二つ三つくらい話ししたいと思います

会場で、コルベルとスミルノフが練習してたのをずっと見てたんですが、

練習メニューは、
バック2本フォア2本で両ハンドで対応するという練習をやってました

このレベルの選手は自然にバックを振るのはもちろんですが、

全面ランダムにしても両ハンド切り替えしできるのに、
ずっとコース決めてやるという基本的な練習をやってたんですよね
感覚を掴む程度だったのかもしれませんが、基本練習多めなのにはびっくりしました

次もバック2本フォア2本の練習でバック側は一回フォアで回り込みという練習で基本的な練習をやりこんでました

でも気付いたことあるんです
練習相手をする側って普段はバックで当てるだけのブロックで回すんですが…

大半のヨーロッパやアジア選手は相手をするとき、ずっとバックドライブをかけて回してました(;_;)
回す方はバックでしっかりドライブかけかえしながらるんだ…

次元が違いすぎて、すごく嬉しくなりました

ドライブで伸びてくる球で、システム練習するのははっきり言って…

めっちゃ難しいです自分は練習やりにくくて、ブロックするだけにしてって言ってしまいそうなぐらい難しい練習です

それを簡単にやる選手が山程いる…

上には上がいる
自分がどんなけショボいかよくわかりました
やっぱり国際大会は定期的に観戦した方がいいと強く感じました
今年日本リーグは見に行ったけど、最近の国際大会は、2005年のトヨタカップになります
それから五年経てば、卓球を見る視点が変わって、当時は気付かなかったとこがたくさん見えてきてる

世界の卓球を間近で見てスパイスをもらって、そこから自分の卓球に生かす!

これがすごいいいように感じました。

国際大会は前行ったからと言って見に行かなかった今までの自分に後悔しました…

もっと早くに見ていれば…

でも今日それに気が付くことができたので、大きな成長が一日行っただけで感じ取れました


やっぱり世界はすごい!五年前よりだいぶ卓球が進化してる

毎年一回は国際大会見て勉強、モチベーションを上げたいと思います(*^_^*)

にしても、アジアの選手結構みんなキョウヒョウネオのロゴがはっきり見えた

中国選手はほぼキョウヒョウネオだけど、シンガポールや台湾で使ってる選手が普通に何人かいた!

そしてマリンエキストラオフェンシブも中国女子選手2名男子選手2名使っていると思われるそんなにマリン流行ってるんだ

もしかしたら板は微妙に違ったりするかもしれないけど

なんかいろいろいればいるほど吸収できるような気がする!

そういえば、アメリカ代表の